シャープHV-G70とHV-H75の違い~お得なのはどっち?

シャープから新しい加湿器HV-H75がリリースされますが、現行のHV-G70とどう違うのでしょうか?現行のHV-G70は価格はさらに下がる可能性もあり、どちらを購入した方がいいのか迷いますね。価格だけ見るとHV-G70の方がお得ですが、高くてもHV-H75を買ったほうがいいのでしょか?今回は両機の違いをまとめてみましたので、購入時の参考にしてみてくださいね。

1. シャープHV-G70とHV-H75の違い

1-1.仕様比較

HV-G70 HV-H75
加湿適用面積
木造和室11畳(18m2) 木造和室12.5畳(21m2)
プレハブ洋室18畳(30m2) プレハブ洋室21畳(35m2)
イオン運用床面積
約11畳(18m2) 約12.5畳(約21m2)
消費電力(50/60Hz)
強 310W 強 335W
静音 9W 静音 12W
自動エコ 約9~23W 自動エコ 34W
1時間当たりの電気代
強 約8.4円 強 約9.1円
静音 約0.3円 静音 約0.4円
自動エコ 約0.3~0.6円 自動エコ 約1.0円
加湿量
強 670mL/h 強 750mL/h
静音 185mL/h 静音 200mL/h
運転音
強40/41dB 強41dB
静音24dB 静音23dB
連続加湿時間
強 約6.0h 強 約5.3h
静音 約21.6h 静音 約19h
タンク容量
約4.0L 約4.0L

加湿量がHV-G70に比べHV-H75の方が多くなった分、適用面積が大きくなりました。その他は大きな違いはありません。

1-2.給水タンク比較

HV-G70の場合

HV-G70のタンク給水方法は、本体からタンクを持ち上げ、上下を反転してシンクで水を入れます。また上下反転して本体にセットします。結構大変です。

図のようにタンクを本体から外して上下反転して給水しなくてはなりません。石油ストーブの灯油タンクと同じですね。水が垂れたり、重たいタンクを運んだりと日に何回もの給水は大変です。

HV-H75の場合

HV-H75の給水方法は次の通りです。

上の写真のように給水トレーを外さず、上から給水する方法と、給水トレーを引き出してシンクまで運んで給水する方法があります。

上から給水する方法であれば重たい給水トレーを運ぶ必要がないので便利ですが、1回に4L給水するのは時間がかかりそうです。シンクまで運んで蛇口から給水したほうが早そうですね。

でも、力のない方には、上から給水できるのdせ助かりますね。HV-H75は人にやさしいですね。

以上の様に、給水方法がHV-H75ではかなり改善されたと思います。

1-3.掃除のしやすさを比較

HV-G70の場合

タンクは中に手が入るので掃除しやすいですね。トレーも比較的フラットな構造で掃除がしやすいです。吹き出し口や本体も掃除は簡単です。4番目はお風呂で背中を流しているみたいです。

HV-H75の場合

タンクはなく、給水トレーだけなので掃除はこちらの方が簡単です。吹き出し口や本体の掃除はHV-G70とほぼ同じです。タオルでゴシゴシやります。

1-4.加湿フィルターの掃除

加湿フィルターはどちら丸洗いできるので手間としては同じです。

1-5.掃除の頻度比較

HV-G70の場合(取説より)

  • タンク・・・給水ごと
  • 加湿フィルター・・・2週間に1回程度
  • トレー・・・2週間に1回程度
  • エアーフィルター・・・2週間に1回程度
  • 本体・吹き出し口・・・1か月に1回程度

HV-H75の場合(推測)

  • 加湿フィルター・・・2週間に1回程度
  • 給水トレー・・・給水ごと
  • エアーフィルター・・・2週間に1回程度
  • 本体・吹き出し口・・・1か月に1回程度

(注:HV-H75の掃除頻度は発売前で不明なのでHV-G70からの推測です)

1-6.違いのまとめ

●給水方法

  • HV-G70は給水タンク
  • HV-H75は給水トレー

●加湿量

  • HV-G70は最大670mL/h
  • HV-H75は最大750mL/h

●外形寸法(幅×奥行×高さ)

  • HV-G70:385mm×170mm×372mm
  • HV-H75:272mm×220mm×455mm

●質量

  • HV-G70:約4.4kg
  • HV-H75:約5.2kg

一番大きな違いはHV-H75ではタンクがなくなって給水トレーになったことです。このことによって得られるメリットはかなり大きいです。

1-7.HV-H75のメリット

●給水が楽になった。特に上部からの給水が可能になったので使い勝手が各段に良い

●シンクで給水する場合は、通常なら2週間に1回ぐらいの頻度でトレーを洗うのに比べて毎回洗えて常に新しい水が入るので衛生的。

使い勝手、衛生面からみるとHV-H75はたいへんおすすめな加湿器です。掃除が苦手な方でもV-H75ならストレスは少ないのではないかと思います。

2. シャープHV-G70とHV-H75の価格

HV-G70

楽天市場シャープ加湿器HV-G70楽天市場安値ショップ一覧

アマゾンシャープ加湿器HV-G70アマゾン安値ショップ一覧

HV-H75

楽天市場シャープ加湿器HV-H75楽天市場安値ショップ一覧

お得なのはどちら?

現時点では価格差は1万円以上あります。使いやすさや衛生面からはHV-H75がおすすめです。お掃除がしっかりできる方ならHV-G70が安くてお得です。

気化式の加湿機はカビや雑菌が発生するのでお手入れは絶対に欠かせません。加湿器で病気にでもなったら、もともこもありません。

掃除、給水方法などよく検討されて選んでくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする