モダンデコ 加湿器 Tetra~購入前に確認しときたいことは?

スポンサーリンク

楽天の加湿器ランキングでも人気のモダンデコの加湿器Tetraです。超音波式加湿器ならではのいくつかの注意点があります。

ここでは、これらの注意点を踏まえて確認したいことをお伝えします。

モダンデコ 加湿器 Tetra~購入前に確認しときたいこと

モダンデコの加湿器Tetraは 超音波式加湿器です。

室温が低い時でも加湿量が低下しないようにヒーターが搭載されてたハイブリット式の加湿器です。

ヒーターがあるので、室温が下がっている時でも加湿量の低下を防ぐことができます。

また、給水はタンクの上部から補給するとも、タンクを直接運んで給水するkともできてとても便利です。

このように加湿量もあり使い勝手も良いところが人気のひみつかもしれません。

しかし、良いことばかりではなく超音波式ならではの問題もあります。以下に、説明していきたいと思います。

1. 加湿機のお手入れと衛生面

超音波で水を細かく砕いたミストを放出します。

ミストは空気中で蒸発し水蒸気になります。

その結果、空気中の水蒸気が増えて空気が加湿されます。

問題は加湿器の手入れが悪く衛生状態が悪く雑菌が繁殖hしてしまった時です。

雑菌は小さいのでミストの中にも入っています。

雑菌はミストが部屋に放出され蒸発すると、空気中を漂い汚染します。

抵抗力の弱い病人やお年寄り、赤ちゃんなどは、この汚染された空気を吸うことになります。

これが、毎日続くと健康状態にも悪影響がでかねません。

このような、ことにならないためには加湿機の清掃は欠かせません。

ここで大事な確認点は、確実に加湿機の清掃ができるかという点です。

もし、清掃がまめにできないと思ったら加熱式加湿機、あるいは気化式加湿器をおすすめします。

Tetraはハイブリッドだから衛生的だという点ですが、宣伝ページを見る加熱されるのはミストになる半分だけなので、残りは非加熱で雑菌が入っている可能性はないとは言えません。

また、非加熱の水と加熱された水が混ざったときには非加熱の水の温度も上がりますが、最大でも50℃です。

しかも十分な時間加熱されないため雑菌が全て死滅する可能性は低いと思われます。

Tetraの場合はあまりハイブリッドを過信せず、しっかりと清掃することが大切だと思います。

参考

他の気化式加湿器(加熱式加湿器も含む)では、ミストを放出するのではなく水蒸気そのものを放出するので、雑菌は放出されないからです。

水蒸気の出口付近に雑菌があれば風で飛ばされることもあるので、全く雑菌の心配がないとは言えませんが、抗菌剤などを使用しているためその可能性は低いでしょう。

加熱式では沸騰させて水蒸気を放出するので、雑菌の中には100℃で死なない食中毒菌もありますが、ほとんど死滅し衛生的です。

2. ミストが気化しないで床に落下し濡らすことがある

放出されたミスト(水の粒)が空中で全て蒸発すれば良いのですが、湿度が高かったり、室温が低かったりすると蒸発できず床に落下してしまう場合があります。

Tetraはハイブリッド式なのでヒーターが内蔵されています。

ヒーターを入れた状態であればミストの温度が高いので、床がぬれは軽減されます。

ただヒーターを入れると、電気代がそれなりにかかる点に注意が必要です。

3. 白い粉の付着

白い粉は水道水に含まれたミネラル成分の結晶です。

ミストが空気中で蒸発する際にミスト中のミネラルが部屋の家具や電気製品などに付着します。

超音波方式であ流ため避けられません。

ミネラルをとるいるフィルターを装備したか超音波加湿器もありますが、Tetraは装備して居ません。

白い粉の発生は避けられないという点を確認してください。

4. 電気代

ハイブリッドタイプなのでヒーターを使うことも多いと思います。ヒーターを使うと270Wになるので1時間あたり9.3円ほどになります。

毎日8時間で30日使うと2200円ほどになります。

ヒーターを使うと電気代がかかる点を忘れないでください。

以上、ちょっときつめの確認になりましたが、一番大事なのは衛生面です。きちんとお手入れが毎日できる方であれば問題はありません。

ただ、万が一を考えれば病人やお年寄り、赤ちゃんなど抵抗力の弱い人がいる場所での使用は避けた方がよいと思います。

楽天市場モダンデコ加湿器Tetraを楽天でチェック

アマゾンモダンデコ加湿器Tetraをアマゾンでチェック

YAHOO!モダンデコ加湿器Tetraをヤフーショッピングでチェック

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする