アイリスオーヤマ 衣類乾燥除湿機 IJDI-50で改善されたのは?

スポンサーリンク

2019年5月にアイリスオーヤマのDDD-50EはIJDI-50にリニューアルされました。違いは3点ほどあります。

  1. 水タンクの蓋の密閉性が高まり水がこぼれにくくなった
  2. 塗装がマットな仕様から光沢のあるツヤ感仕様に変更された
  3. 湿度表示ランプがトップパネルについた

基本的な性能は変わりなく大きな仕様変更はありませんでした。

IJDI-50で改善されたのは?

2019年5月15日のプレリリースにリニューアル内容が紹介されています。

今回新たに発売する「サーキュレーター衣類乾燥除湿機」は、水タンクの形状を変更し排水口にふたを設けることにより、従来製品※2では、排水する際に全体を開ける必要があったタンク上部のふたを小さく開けるため、片手でも簡単に排水できます。また、湿気ナビランプを搭載することで、空気中の水分量を3段階の色で表示するので、洗濯物の乾燥具合を瞬時に把握できます。

※2 サーキュレーター衣類乾燥除湿機 DDC-50

水タンクの改善

DDD-50Eでは水漏れがひどいとのレビューが数件かありました。割合にして4%ほどです。少ないとはいえこのような商品に当たってしまった方は本当のお気の毒です。

アイリスオーヤマも反省したのです。水タンクの密閉性を高めています。本来ならDDD-50E購入者さんも水漏れで泣き寝入りせずタンクだけでも交換要求すべきでしょう。

以下に水漏れレビューの抜粋を掲載しています。

2018-12-09

因みに、タンクを外すと毎回水が漏れ、拭くのが若干ストレス。

2018-03-15

ただ、水漏れがあり、シミになっている時があります。

2018-02-02

除湿したタンクからの水漏れが酷くて余計に湿気る気がする。

2019-03-18 30代男性

除湿タンクはすぐに変形してはまらなくなる

2018-12-27

水漏れがひどくて交換したが、しばらくしてまた水漏れ。除湿は良いので毎日水漏れを付近ながら使っている。

水漏れ対策として、蓋の密閉性や排水方法を改善したようです。どうやら水漏れの原因は水タンクにあったようですね。

塗装の変更

これは改善点ではありませんが、DDD-50Eと違っている点ということでお伝えします。

「マットな仕様から、光沢のあるツヤ感仕様に変更」とあるようにツヤのある外観になりました。新旧の区別がしやすいという意味もあるのでしょう。普通はマットの方のが高級感があると思いますが、ツヤ感仕様にして清潔感を出したかったのかな。

湿度表示ランプ

DDD-50Eにはなかった湿度表示がトップパネルに追加されています。

同系色3色なので少し見ずらい感じはしますが現在の部屋の湿度がある大雑把にわかり便利かもしれません。洗濯物の乾き具合の目安にはなりそうです。

レビューを見てもこのようなインジケータが必要だという書き込みはありませんでした。他社との差別化も考えているのかもしれません。なくてはならないといった機能ではありません。

改善点、変更店としては次の3点

  1. 水タンクの蓋の密閉性が高まり水がこぼれにくくなった
  2. 塗装がマットな仕様から光沢のあるツヤ感仕様に変更された
  3. 湿度表示ランプがトップパネルについた

IJDI-50とDDD-50E おすすめは?

IJDI-50は新製品なのでDDD-50Eに比べ少し高めです。しかし、水漏れの対策をしているので安心感はあります。DDD-50Eでも必ず水漏れするわけでもなく、また万が一水漏れしても対応はしてくれます。が、面倒ではないかと思います。

さらに、わざわざリニューアルしているのは、水漏れだけに限らず表には出てこない細かな修正も必要だったからなのかもしれません。安心さも込めてIJDI-50をおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする