アイリス 衣類乾燥除湿機DDD-50EとIJD-I50の違いは?

スポンサーリンク

アイリスオーヤマのアイデア商品が面白いです。今回ご紹介するサーキュレーター機能付衣類乾燥除湿機もそうです。サーキュレーターと衣類乾燥除湿機をドッキングしたユニークな商品です。

とても人気でよく売れています。現在2019年モデルと2018年モデルが販売されています。価格がかわらないのであれば新し②019年モデルですが、この記事を書いている時点(2019年6月18日現在)では2000円ほど2018年モデルの価格が安くなっています。

性能が同じなら安い方がいいですね。今回はDDD-50EとIJD-I50の違いをお伝えします。購入時の参考になればと思います。

アイリス 衣類乾燥除湿機DDD-50EとIJD-I50の違い

性能の違いは?

除湿能力
室温20℃、相対湿度60%を維持し続けたときの、1日(24時間)当たりの除湿量

DDD-50E IJD-I50
5.0L/日 5.0L/日

除湿可能面積の目安

DDD-50E IJD-I50
木造:10m2(6畳)
プレハブ:16m2(10畳)
鉄筋コンクリート:21m2(13畳)
IJD-I50

木造:10m2(6畳)
プレハブ:16m2(10畳)
鉄筋コンクリート:21m2(13畳)

除湿能力、除湿可能可能床面積の目安ともに全く同じです。サーキュレーターも同じものなのでサーキュレター付き衣類乾燥除湿機としては全く同じ性のということになります。

どこが違うのか?

違っているのは性能には直接関係がない次の3点です。

① 水タンク

  • 水タンクの蓋の密閉性がアップし、水がこぼれにくい
  • 排水時に蓋の端だけ開くので、蓋を全部ア経なくても済む

② 質感がアップ

  • 塗装がマットな仕様から光沢のあるツヤ感仕様に

③ 湿度表示ランプ

洗濯物や部屋の湿度を測定し、青から緑のランプで乾燥状態を表示

違いはこの3点です。水タンクの蓋が改良され排水作業が楽になりました。毎日のことなので、こういった改善がされるとより使いやすくなっていいですね。

サーキュレーター衣類乾燥除湿機の型名

2018年モデルDDD-50Eと2019年モデルIJD-I50の違いをお伝えしましたが、実は型番としては2018DDC-50E年モデルと2019年モデルKIJD-I50が存在します。

ややこしいのですが、流通経路によって同じものでも型番を変えているようです。操作パネルのデザイン(色)が少し違う程度で実質は同じものです。

例えばDDD-50EtoDDC-50Eのパネルは次の通りで、デザイン的に少し変わっているだけですね。

DDD-50Eのパネル

DDC-50Eのパネル

型番をまとめると次のようになっています。

2018年モデルの型番

  • DDD-50E
  • DDC-50E

2019年モデルの型番

  • IJD-I50
  • KIJD-I50

まとめ

2018年モデルと2019年モデルの違いをお伝えしましたが、2018年モデルでいろいろなユーザーさんからの情報をもとにリニューアルしたのが2019年モデルです。大きな価格差ではないので2019年モデルを勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする