気化式加湿器が向いている人、加熱式加湿器が向いている人

スポンサーリンク

加湿器には気化式加湿器、加熱式加湿器、超音波式加湿器、気化式+加熱式のハイブリッド方式、超音波式+加熱式のハイブリッド方式があります。超音波式は今回はパスです。

ハイブリッド方式での加熱式というのは、実際には沸騰するほど加熱するわけではなく、蒸発しやすいように水を温めるだけのものです。

実際の加熱式というのは水を沸騰させる方式なので、基本的には違ってることに注意してください。

ここでは、まとめて以下のようにして説明します。

気化式:水をフィルターに含ませて風または温風で気化させ加湿するタイプ

加熱式:タンク内の水を沸騰させて加湿するタイプ

気化式加湿器が向いている人

電気代は安い方がよい

電気代がかるのは温風を使わないタイプであれば、送風機の電気代ぐらいです。温風で気化させるタイプではヒーターの電気代がそれに加わります。

ハイブリッド式では温風についてはON/OFFできるようになっているので普段はOFFにしておくと電気代が節約できます。

熱い蒸気が出るのが困る

加熱式は沸騰させるので水蒸気をある程度冷やしてから放出します。それでも65°Cほどはあるので。蒸気に触れると熱く感じます。

それに比べ気化式では水を沸騰させないので放出される水蒸気は冷たいです。温風式にしても温度は十分に低いので蒸気口に触れても熱さを感じることはありません。

やけどなどの危険がない

気化式は水を100°Cまで加熱しないので加湿器内の水が万が一漏れてもやけどの心配がありません。

子供のいたずらなどで蓋が開いても熱湯がこぼれるようなことはなく安全です。小さなお子さんのいるご家庭でも安心して使えます。

衛生的な加湿がしたい

気化式では水を気化して加湿するので衛生的です。フィルターや水タンク、水受けなどが仮に汚れていても、水蒸気そのものは衛生的なので加湿によって部屋の空気が汚染さることはほとんどないといってよいです。

ただし、加熱式とは違って水を沸騰させないので水タンクや水受け、フィルターなどはこまめに掃除しないとヌメリやカビが発生する原因になります。

衛生面が最優先な方は加熱式がおススメです。

加熱加湿器式が向いている人

衛生的に加湿したい

水を沸騰させる方式なので常に煮沸消毒状態なので非常に衛生的な加湿器です。

水タンクは常にお湯が沸いた状態なので多くの細菌は死滅し、タンク内もとても衛生的です。

まめに掃除をしたくない

加熱式加湿器は、先にお伝えしたとおり常に煮沸消毒をしているようなものなので水タンク内はとても清潔です。

また、構造的にも水受けやフィルたーもありません。すなわち、お手入れはほとんどしなくても大丈夫です。

唯一のお手入れは、水道水に含まれたミネラル成分が結晶化して水タンクの底にこびりついた汚れをクエン酸洗することぐらいです。

クエン酸洗浄はシーズ中に1~2回も行えば十分です。水タンクや水受け、フィルターなどのお掃除がないので、お手入れは非常いに簡単です。

加湿で部屋を冷やしたくない

気化式の水蒸気は冷たいので加湿すると部屋の温度が下がります。ハイブリッド式の温風を使って気化するタイプなら部屋を冷やすことはありません。ただ、その場合は電気代が安いという気化式のメリットが失われてしまいます。

それに比べ、加熱式ではお湯を100°Cで沸かすし、放出する水蒸気も65°Cぐらいで放出するため部屋が温まることはあっても冷えることはありません。

気化式加湿器、加熱式加湿器それぞれに向いている人をまとめると次の通りです。

項目 気化式加湿器 加熱式加湿器
電気代は安い方がよい
熱い蒸気が出るのが困る
やけどなどの危険がない
衛生的な加湿がしたい
まめに掃除をしたくない
加湿で部屋を冷やしたくない

以上、気化式、加熱式加湿器それぞれに向く人はどんな方といて点をまとめてみました。

おすすめの気化式加湿器

おすすめの加熱式加湿器

created by Rinker
象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥15,679 (2019/10/24 02:16:28時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする