シャープの加湿空気清浄機 KCシリーズの新製品と型落ちの違い~おすすめは?

スポンサーリンク

シャープの加湿空気清浄は毎年のように新しいモデルが発売されます。

しかし多くの場合は中身は殆ど変わらず型番だけが違っています。

今回はシャープの加湿空気清浄機KCシリーズの最新型と型落を比較しました。

性能に違いがないので価格で選ぶのがお買い得ですが、KC-H50だけは他に比べハイスペックなので要チェックです。

写真はKC-H50です

シャープの加湿空気清浄機 KCシリーズの新製品と型落ちの違い

現在通販で購入できるKC型の新旧の主な違い

結果からお伝えするとKC-N50、KC-L50、KC-J50は同じものです。KC-H50だけは表にあるとおり7つほど違いがあります。ただ、基本仕様は同じなので加湿能力や空気清浄能力はすべて同じです。

また、KC-H50にはチャイルドロックやみはり機能、湿度・温度・電気代表示、照度センサー、モニター明るさ切り替え機能があります。これらはKC-N50、KC-L50、KC-J50では未搭載機能です。

シャープさんはKC-H50以降のKC型はスペックダウンしてしまったと言ってよいと思います。KC-H50はそれ以降のKC型に比べハイスペックになっているのです。

型番 製造年 違い
KC-N50 2020
  • 違いはありません
KC-L50 2019
KC-J50 2018
KC-H50 2017 上記型番と違う点は次の通り

  1. チャイルドロック
  2. みはり機能
  3. 湿度・温度・電気代の表示
  4. 照度センサー
  5. モニターの明るさ切り替え
  6. 静か寝モード(J・L・Nはおやすみモード)
  7. 操作パネル

パネル形状の違い

操作パネルもKC-N/KC-L/KC-JとKC-Hは大きく違っています。

KC-N50、KC-L50、KC-J50の操作パネル

KC-H50の操作パネル

KC-H50には湿度や温度のデジタル表示や電気代表示、チャイルドロックボタン、モニター明るさ調整ボタンなどKC-N.L,Jにはない機能が装備されています。

KC-H50のみはり機能とは?

湿度、温度センサーによって部屋の状態を検知し、注意が必要な場合にランプと音で知らせる機能です。「高温・高湿みはり」と「乾燥・低温みはり」が機能します。

夏は熱中症などの予防の補助として、また冬はインフルエンザなどの感染症防止の補助としてともに役立つ便利な機能です。みはり機能は上位機種KI型に搭載されている機能です。

1.高温・高湿みはり

温度と湿度の組み合わせを図-1のようにA~Dの4つの区分に分けます。

D・Cは高温・高湿の領域、Bはやや高温・高湿な領域、Aは高温・高湿ではない領域であると判定します。

判定に従って表ー1のようにランプの色や点滅、音で通知します。本人が特に暑さやを感じていなくとも通報のランプをみたりブザー音を聞いたりすることで熱中症予防に補助的ではありますが役立ちます。

特に高齢になると温度に対する感覚が落ちてくるので、このような通知機能は熱中症予防の補助として有益なものだと思います。単に空気清浄したり加湿するだけの加湿空気清浄機ではなく人に寄り添った加湿清浄機です。

そういった意味で上位機種と同じようなみはり機能があるKC-H50はおすすめですね。

表ー2はA~D領域の説明です。

図1-1

表1-1

表1-2

2.乾燥・低温みはり

温度と湿度の組み合わせを図-1のように(1)~(3)の3つの区分に分けます。

(1)はウイルスが生存しにくい環境(ウィルス生存率は数%)、(2)はウイルスが生存可能な環境(ウィルス生存率は5%)、(3)はウイルスの生存に適した環境(ウィルス生存率は20%)と判定します。(あくまでも参考程度に見てください。インフルエンザなどを意図したもので、コロナウィルスには適用されませんのでご注意ください)

判定に従い表2-1の通りランプや音で通知を行います。表2-2は(1)~(3)の領域の説明です。

このように乾燥。低湿状態を通知してくれるので感染症予防の補助として人に寄り添った便利な機能になっています。

図2-1

表2-1

表2-2

*1 絶対湿度とは、室温に関係なく体積1m3の空気中に含まれる水蒸気の量のことで、グラムで表します。一方、一般に天気予報などで使われている湿度は、相対湿度といわれ、ある温度における飽和水蒸気量に対するそのときの空気中の水蒸気の比率を示し、パーセントで表します。従って、同じ相対湿度60%でも、15℃では絶対湿度約8g、30℃では絶対湿度約18g
と異なります。
*2 空気中に放出されたウイルスの各環境下における6時間後の生存率。

おすすめは?

基本機能は同じなので価格で決めれば良いと思います。

ただ、みはり機能やチャイルドロック、温度湿度などのデジタル表示があったほうが良い場合はKC-H50の一択です。

KC-H50は2017年製造ですがメーカー保証があるので特に問題はないと思います。

個人的にはこの中ではKC-H50がいちばんのおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする