ハイブリッド加湿器(超音波+加熱)~キレイなミストの加湿器はどれ?

超音波式+加熱式のハイブリッド加湿器が人気です。中でもミストがキレイなハイブリッド加湿器に注目が集まっています。中でもモダンデコのTetraやvodaは水の加熱温度が高く衛生的な加湿ができると人気です。

編集履歴
2018年11月30日 広告変更に伴い内容を修正。「100°Cに加熱」→「加熱」に修正。

モダンデコTetra

モダンデコのハイブリッド加湿器Tetraのミストがキレイ

超音波式と加熱式のハイブリッド式加湿器は他社からも出ていますが、キレイなミストで加湿出来るモダンデコのTetraが衛生面ではおススメです。

Tetraのミストがキレイで衛生的なわけ

Tetraの広告ページには下記の様に書かれています。「ヒーターでタンク内の水を100°Cに加熱して高温殺菌するので、雑菌の増殖が抑えられクリーンなミストに。」と書かれています。

広告箇所のキャプチャー画像(11月8日時点)

現在(11月30日時点)はこのように広告ページ表示されています。

「100°Cに」という文字が消されています。

細かなことですが、どうやら100°Cまでは加熱してないようです。何度まで加熱しているのか不明ですが「高温殺菌するので」と書かれているので安心しました。

モダンデコのサポートさんのお話では、Tetraはタンク内全部の水を加熱するわけでなく、加湿に必要な分だけを加熱するのでヤケドなどの危険性はないようです。

ただし、衛生的な加湿をするためには、ヒーターをONにして使用することになります。このため、電気代はヒーターのワット数が大きいだけに、下記の様に高くなってしまいます。

Tetraの仕様

タンク容量…5.5L
連続使用時間…約36時間(弱モード時)
電源…AC100V 50/60Hz
消費電力…25W(超音波式運転時)・270W(ヒーター過熱時)
対応面積…和室10畳、洋室17畳

仕様を見ると、ヒーター加熱時は270Wとなっています。

Tetra電気代

1時間当たりの電気代=0.27kw x 27円/kwh = 7.3円/kwh

1ヶ月の電気代=7.3円/kwh x 8時間 x 30日 =1752円/月

(超音波だけ使用した場合の電気代 =162円/月)

実際は自動運転などを使うので、電気代はこれより通常は安くなります。

他のハイブリッド加湿器に比べてもTetraのヒーター消費電力は大きい

モダンデコTetra (ヒーター245W、超音波25W、上部給水)

モダンデコvoda (ヒーター237W、超音波23W)

モダンデコviz   (21W-35W 超音波+ヒーター)

モダンデコjun (強:40W・中:35W・弱:30W 超音波+ヒーター)

アルコレASH-604 (ヒーター70W 超音波30W、上部給水)

エルズヒュミディファイアー(70W 超音波+ヒーター、上部給水)

タンスのゲン (ヒーター95W 超音波30W)

他にもいろいろありますが

モダンデコのvodaもTetraと同様にヒーターが入った状態ではキレイなミストです。今回Tetraをお勧めしたのは上部給水できるからです。残念ながらvodaは上部給水に対応していません。上部給水にこだわらなければvodaでもいいですね。

モダンデコTetra ,voda通販価格

モダンデコTetra

モダンデコvoda

さいごに

ハイブリッド式加湿器と一口に言っても、ヒーターの消費電力は機種によって、ずいぶん違います。モダンデコのTetra、vodaはヒーターの消費電力がが大きくよりキレイなミストで加湿できます。キレイなミストで赤ちゃんやお年寄りなどにも優しい加湿ができますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする