NE-BS8AとNE-BS808の違い おすすめの選び方【パナソニック オーブンレンジ比較前年モデル】

スポンサーリンク

NE-BS8AとNE-BS808の違いをお伝えします。

<NE-BS8AとNE-BS808の違い>

NE-BS8A(2022年発売) NE-BS808(2021年発売)
グリル皿の種類 ヒートグリル皿 ビストロスピードグリル皿
新規追加されたメニュー かんたんグリルメニュー
凍ったままグリル 5メニュー 7メニュー
グリル皿使用トースト 約5分21秒/裏返し不要 約5分10秒/裏返し不要
レシピ数(自動メニュー数) 202(107) 202(105)

●NE-BS8Aのグリル皿はビストロスピードグリル皿からヒートグリル皿に変更

これは、NE-BS8Aの上位機種であるNE-UBS10AやNE-BS9Aがヒートグリル皿を採用したのに合わせたものだと思います。

パナソニックのグリル皿は歴代いろいろな種類があってわかりにくいのですが、今回はヒートグリル皿という名前で登場しました。ますます混乱しそうですね。

このヒートグリル皿については電波吸収効率が上がったのかもしれませんが、あまり詳しくは説明されていません。トーストではむしろ時間がかかっていることから、本当に効率が上がったかどうかもわかりませんね。

●新しいメニュー かんたんグリルメニュー

NE-BS8Aではヒートグリル皿に材料を並べ、調味液をかけるだけのかんたんグリルメニューが新設されています。身近な食材と少ない下準備で作れる便利なメニューです。

●減ったメニュー 凍ったままグリル

凍ったままグリルではNE-BS808の7メニューからNE-BS8Aでは5メニューに減りました。

<おすすめの選び方>

スピードグリル皿とヒートグリル皿の違いはありますが性能に違いは見られません。

そのため、購入するときは価格で選ぶのがおすすめです。

しかし、パナソニックは製品の価格指定を進めているので価格差はあまりないようです。

価格指定では、量販店は売れ残ったパナソニック製品を返品できる、パナソニック自身は価格の低下を防ぎ利益を確保できるというメリットがあります。このため独占禁止法には触れないそうです。

もちろん売れなくては元も子もありませんので、競争力が強い商品でないと価格指定は難しいですね。

また、私たち消費者は、どの量販店で買っても同じ値段なので安い店を探す必要がないということになりますが、逆に言えば安く購入できなくなったとも言えます。

パナソニックファンの方も多いと思いますが、パナソニックでなければ絶対だめという製品はあまりないので安く購入する上では他社メーカー品もチェックするのが良いと思います。

ちょっと話が脱線してしまいました。

なお、本格的なグリル調理をするなら上位機種のNE-UBS10AやNE-BS9Aをおすすめします。

NE-BS8A

NE-BS808

NE-BS9A

NE-UBS10A

NE-BS8AとNE-BS808の違い

グリル皿の違い

ヒートグリル皿とビストロスピードグリル皿はともに裏面のフェライトが電波を吸収しグリル皿を発熱します。

フライパンはガスで加熱されますが、グリル皿ではマイクロ波で発熱したフェライトで加熱されます。

NE-BS8AとNE-BS808でグリル時間が違っているのかレシピ集で鶏の照り焼きとハンバーグで確認しました。結果は下表のとおり同じでした。

レシピ NE-BS8A NE-BS808
鶏の照り焼き レンジ+ヒーター加熱 約14~19分(両面上段) 約14~19分(両面上段)
ハンバーグ レンジ+ヒーター+スチーム加熱 約17分~20分(両面上段) 約17分~20分(両面上段)
豚肉のみそ漬焼き レンジ+ヒーター加熱 こんがり10分 こんがり10分

以上の様に、グリル皿の違いに大きな差はなさそうです。

かんたんグリルメニュー

ヒートグリル皿に材料を並べ、調味液をかけるだけ。身近な食材と少ない下準備で作れる、かんたんグリルメニューを新搭載。

簡単な下準備で一品出来る便利なメニューがNE-BS8Aに搭載されました。ただメニューがなくても手動でも出来るのでNE-BS808ではできないということはありません。

凍ったままグリル

凍ったままグリルはNE-BS8Aは5メニュー、NE-BS-808は7メニューです。わざわざメニュー数を減らした理由はわかりませんが、もしかしたらうまくできなかったのかもしれませんね。

レシピ NE-BS8A NE-BS-808
ハンバーグ
鶏の塩焼き
ぶりの照り焼き
鶏のから揚げ
ポークトマト
豚と野菜のごまみそ焼き
さけと野菜の白みそ風ソテー

グリル皿使用トースト

NE-BS8Aの方がトーストに時間がかかっています。

11秒ほどの差がありますが、上部ヒーターは同じなので違うのはグリル皿での加熱ということになります。

さほの大した差ではないのであまり気にすることもないと思います。

そもそも、こんなに時間をかけてまでオーブンレンジでトーストする方は少ないのではないでしょうか?

  • NE-BS8A:約5分21秒/裏返し不要
  • NE-BS-808:約5分10秒/裏返し不要

レシピ数(自動メニュー数)

レシピ数はどちらも202で、自動メニュー数は2つ違います。ほとんど同じですね。

NE-BS8A NE-BS808
レシピ数(自動メニュー数) 202(107) 202(105)

おすすめの選び方

すでに冒頭でお伝えした通りですが、再度掲載します。

<おすすめの選び方>

スピードグリル皿とヒートグリル皿の違いはありますが性能に違いは見られません。

そのため、購入するときは価格で選ぶのがおすすめです。

なお、本格的なグリル調理をするなら上位機種のNE-UBS10AやNE-BS9Aをおすすめします。

NE-BS8A

NE-BS808

NE-BS9A

NE-UBS10A

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました