MX ERGOはおすすめ?フローを使わないならM570tやM575がよい

MX ERGOはおすすめ?フローを使わないならM570tやM575がよい

スポンサーリンク

MX ERGOはフローを使って2台のPCを使うなら便利でおすすめです。逆に1台のPCだけで使うのはもったいないのでM570/M570t/M575などをおすすめします。

この記事のまとめは次の様になります。

MX ERGOをおすすめするケース・・・

  • 2台のPC間でコピペがしたい
  • ボタンのカスタマイズをガチガチに行いたい
  • 水平スクローが絶対欲しい

上記以外であれば・・・・

  • MX ERGOをあえて購入しなくても良い

MX ERGOのフローとは?

フローを使うと、1台のMX ERGOでポインターが2台のPC間を行き来できるようになります。

例えば一方のPCにあるファイルをコピーして別のPCにペーストすることができます。これは、windowsとmac間でもできるので応用範囲が拡がります。

フローの設定

① Logicool Optionをパソコンにインストール

② MX ERGOを2台のパソコンにそれぞれペアリング(USBレシーバーは2個必要)それぞれのPCでトラックボールの切り替えスイッチで1と2を切り替えて、ポインターがそれぞれ動くことを確認

③ 2つのPCは同じネットワークに有ることを確認。同じネットワークにいないとフローはできません。ipアドレスはわからなくても大丈夫です。

③ フローの設定を行う。Logicool Optionを起動しフローを設定する。下の画面が出ます。Logicool Flowのスイッチをオンにしてください。白とみどりの四角は2台のPCの配置です。ポインターを画面のどこから他のPCに移動させるかを決めます。

大事なのは②と③です。ここがちゃんと出来ていれば、フローは下記画面のLogicool Flowをオンすれば、大体はうまくいきます。

windowsPC間、windowsPCとMACで行っていますが、問題なくフローができています。うまくできない方は、上の②、③を確認してみてください。

なお、フローがオフでは、2つのPC間でのコピペはできないので、必ずONにします。

フローを使わないなら

しかし、PC1台で作業する場合は、フローは不必要です。M570tやM575ならMX ERGOの半値ぐらいです。あえて高額なMX ERGOを選ぶ必要はないと思います。

しかし、

●水平スクロールがしたい(M575は可能)

●多くのカスタマイズできるボタンがほしい

といったマニアック気味の方ならMX ERGOは好奇心を満たしてくれます。ただ、水平スクローるはM575は対応しています

この様にMX ERGOは、どちらかといえばマニアックな方向けなので、特にこだわりのない方は選ぶ必要はありません。ポインターとしては大差ありません。

水平スクロール

水平スクロールというのは、エクセルなどで大きな表を作っているとき、画面に表示されない場所に移動するときに便利な機能です。

EX ERGOでは、ホイールを右に傾けると、右方向にスクロールします。また、左に傾ければ左にスクロールします。上下は従来とおりホイールを回せば移動します。

トラックボールだけで表の中を自由に移動できるので作業効率があがります。

M575には、この機能を設定できますが、残念ながらM570tにはありません。

フローは不要だけど水平スクロールが必要であれば、M575がおすすめです。

ボタンのカスタマイズ

ボタンのカスタマイズをして作業効率を上げたい方はヘビーユーザーですね。

MX ERGOは6このボタンをカスタマイズできます。M570tは2個、M575は3個に比べるとかなり凝ったことができそうです。

そのような使い方を考えているならフローを使わなくともMX ERGOを選ぶ価値があると思います。

数の丸がついた6個のボタンがカスタマイズできます。

以上、EX ERGOを買おうかどうか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする