シャープ KI-LS70とパナソニック F-VXS70の電気代の比較~お得なのは?

スポンサーリンク

空気清浄機と加湿器がくっついた加湿空気清浄機は1年中出しっぱなしで稼働できます。空気清浄機と加湿器の両方が欲しい人に人気です。

シャープのKI-LS70とパナソニック F-VXS70は、ほぼ同じ性能の加湿空気清浄機なので購入に際しては悩むところです。

今回はそれぞれの電気代を比較してみました。年中使うものなので電気代が安い方がありがたいですね。

シャープ
KI-LS70

パナソニック
F-VXS70

シャープ KI-LS70とパナソニック F-VXS70の電気代の比較

電気代の比較表

シャープ KI-LS70 F-VXS70
加湿空気清浄
強:35W/700ml/h

  • 約0.95円/h

中:24W/550ml/h

  • 約0.65円/h

静音:5.2W(4.8W)/250ml/h

  • 約0.14(0.13)円/h
ターボ:53W/700ml/h

  • 約1.43円/h

中:14W/400ml/h

  • 約0.37円/h

静音:9W/250ml/h

  • 約0.24円/h
空気清浄
強:66W

  • 約1.8円/h

中:22W

  • 約0.59円/h

静音:4.6W(4.2W)

  • 約0.12(0.11)円/h
ターボ:60W

  • 約1.62円/h

中:10W

  • 約0.27円/h

静音:5.5W

  • 約0.15円/h

加湿空気清浄ではシャープがわずかに電気代が安い感じですがあまり差はありません。空気清浄も電気代に大差はありません。

結論はシャープとパナソニックの電気代には大差がないということです。

サイズ・質量の比較

シャープ
KI-LS70
パナソニック
F-VXS70
外形寸法:

幅400×奥行339×高さ686mm

外形寸法:

幅398x奥行238(下部含む279mm)x高さ640mm

質量:

約11kg

質量:

10.2kg

大きさはシャープの方が少し大きいです。質量はあまり変わりません。省スペースではパナソニックが少し有利です。

タンク容量の比較

シャープ
KI-LS70
パナソニック
F-VXS70
タンク容量

  • 約3.6L
タンク容量

  • 約3.2L
連続加湿時間

強:

  • 約5.1時間

中:

  • 約6.5時間

静音:

  • 約14時間
連続加湿時間

ターボ:

  • 約4.6時間

中:

  • 約8時間

静音:

  • 約13時間

タンク容量はシャープが少し大きいですが、連続加湿時間はあまり違わないです。

シャープは COCORO AIRでAI(人工知能)と接続できる

シャープKI-LS70はクラウド上のAI(人工知能)に接続するクラウドサービス COCORO AIRが使えます。

インターネットとWi-Fi(無線LAN接続)、COCORO アプリがあれば、様々なサービスが受けられ便利です。サービスについては下記の動画をご覧ください。

まとめ

電気代の比較ではシャープKI-LS70とF-VXS70はあまり差が無く、どちらを選んでもよいと思います。

KI-LS70とF-VXS70の違いで大きいのはシャープのCOCORO AIRアプリによるクラウドサービスです。使用するためにはインターネット接続、Wi-Fi(無線LAN接続)などの条件が整っている必要があります。

クラウドサービスに興味があればシャープのKI-LS70を選んでみるのもよいと思います。

シャープ 空気清浄機【加湿機能付】(空清31畳まで/加湿24畳まで ブラウン系)SHARP 「高濃度プラズマクラスター25000」搭載 KI-LS70-T
シャープ(SHARP)
パナソニック 加湿空気清浄機 ナノイーX・エコナビ搭載 ~31畳 ホワイト F-VC70XR-W
パナソニック(Panasonic)
パナソニック 加湿空気清浄機 ナノイーX・エコナビ搭載 ~31畳 木目調 F-VXS70-TM
パナソニック(Panasonic)
パナソニック 加湿空気清浄機 ナノイーX・エコナビ搭載 ~31畳 ブラック F-VXS70-K
パナソニック(Panasonic)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする