シャープ HX-J120とHX-H120の違い~買うならどっち?

スポンサーリンク

セラミックヒーターに加湿機能が付いたシャープの加湿セラミックファンヒーターは毎年のように新製品が出ます。

しかし、よく見ると中身は全く同じで、スイッチや色などをちょっと変えただけといったものがほとんどです。

2018年モデルのHX-H120と2019年モデルのHX-J120の違いもわずかです。違いは操作パネルの色が少し変わった程度です。

新モデルが出るころには旧モデルの価格はかなり下がる傾向にあるので今回のように中身が同じであるなら1年型落ちを買った方がお得になる場合があります。

結論が出てしまいましたが、もう少し詳しく以下にお伝えしますので、気になる方は参考にしてください。

シャープ HX-J120とHX-H120の違いは操作パネルのデザインだけ?

操作パネルの比較

取扱説明書からHX-J120とHX-H120の操作パネルのイラストを持ってきました。見ての通りほぼ同じです。

HX-J120の操作パネル

HX-H120の操作パネル

操作パネル上のスイッチの名前が微妙に違っています。

例えば

「加湿切換」⇒ 「加湿」

「暖房切換」⇒ 「暖房」

のような感じで微妙に変えています。

文字や記号、カラーリングなど他にも数点ありますが、どうでもいいといった感じですね。無理やり変えて違いを出そうとしたのかもしれませんが、毎年無理してモデルチェンジしなくてもよさそうなものです。

HX-J120とHX-H120で、ほかに違うところは?

取説等をじっくり比較してみましたが、パネルデザイン以外違っているところは見つかりません。

操作パネルで変わった点を反映させているだけで内容は一字一句同じように見えました。結論は、操作パネルのデザインが少し変わっただけの中身は同じだといってよいと思います。

ただ、目には見えないところでは変更があるのかもしれません。使用している部品を変えたとか、制御プログラムを変えたとか利用者にはわからないところではあるかもしれません。

そのような意味では新しいモデルを購入するのが本当は良いのかもしれませが、割り切ってお安い方を購入するのがお得でおすすめです。

買うならどのモデルがいいのか?

楽天やアマゾンなどを見てみると2017年モデルも販売されていました。

  • 2019年モデル:HX-J120
  • 2018年モデル:HX-H120
  • 2017年モデル:HX-G120

ここでは、お伝えしていなかった2017年モデルHX-G120もまだ市場に出回っています。このモデルも性能は同じです。結論として上記3機種の一番安いものをおすすめします。

シャープ 加湿機能付きセラミックヒーター(ホワイト系/アイボリーホワイト)【暖房器具】SHARP 「プラズマクラスター7000」搭載 HX-J120-W
シャープ(SHARP)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする