石油ストーブ コロナ RX-2218Yとトヨトミ RSX-230の比較

コロナRX-2218とトヨトミRSX-230はともに適用畳数が木造6畳までの石油ストーブです。どちらも石油ストーブメーカーとしては有名なメーカーです。今回はコロナとトヨトミの石油ストーブのスペックやと特徴を比較をしてみました。

仕様の比較

コロナ RX-2218Y トヨトミ RSX-230
種類
しん式・放射形 しん式・放射形
点火方式
電池点火ヒーター) 電池点火(電子点火)
使用燃料
灯油(JIS1号灯油) 灯油(JIS1号)
燃料消費量
2.24kW 2.25kW
油タンク容量
3.7L 3.6 L
燃焼継続時間
約17.0時間 約16.4時間
暖房のめやす
木造6畳
コンクリート8畳
木造6畳
コンクリート8畳
サイズmm
高さ475 高さ446
幅452 幅422
奥行324 奥行330
安全装置
対震自動消火装置 対震自動消火装置(しん降下式)
給油時自動消火装置 気密油タンクの給油時消火装置

仕様はほとんど同じですが、トヨトミは電子点火でコロナはヒーター式です。長く使っていくと電子式のほうがしんを傷めにくいですね。

それぞれの特徴と違い

・電子点火

一発点火の電子点火は便利なだけでなく、ヒーター切れの心配がありません。コロナよりこの点ではトヨトミが優れていますね。

・消臭機能

コロナは「ニオイカット消火」、トヨトミは「ニオイセーブ消火」の機能をそれぞれ搭載し、ニオイ対策は引き分けです。

・給油タンク

コロナ:よごれま栓

トヨトミ:こぼれま栓、楽2ロック

給油タンクについては、コロナはキャップの取りはずしや取り付けの手間がないので、給油の作業が簡単です。トヨトミはキャップを毎回つけたり外したりする必要があります。使い勝手はコロナの方が少しよさそうです。

・安全装置

石油ストーブ(ファンヒーターを含む)(灯油の消費量12KW以下(開放燃焼式で自然通気形は7KW以下))
→不完全燃焼防止装置、一酸化炭素濃度基準値遵守、給油時消火装置(カートリッジ給油式ストーブ)等の義務務付け

当然ですが、これらには対応しています。(PSCマーク)

特徴の違いをまとめると次の様になります。

・コロナはフィラメント、トヨトミは電子点火

しんを傷めにくいのはトヨトミの電子点火です。着火もトヨトミの方が1回で済むので楽です。

・灯油はコロナの方が多少簡単

給油時に手が汚れにくいのはコロナなので、汚れるのを少しでも避けるならコロナの方がよいでしょう。

価格

RX-2218Y

楽天市場コロナ石油ストーブRX-2219Y楽天市場安値ショップ一覧

アマゾンコロナ石油ストーブRX-2219Yアマゾン安値ショップ一覧

 RSX-230

楽天市場トヨトミ石油ストーブRSX-230楽天市場安値ショップ一覧

アマゾントヨトミ石油ストーブRSX-230アマゾン安値ショップ一覧

さいごに

コロナRX-2218YとトヨトミRSX-230はほぼ同じ仕様です。違うのは給油タンクの栓の構造と点火装置です。

・給油時に手が汚れにくいのはコロナ

・電子点火で点火がしやすく、しんの痛みが少ないのはトヨトミ

といったところです。臭い対策や安全装置などは、どちらも変わりないと考えてよいと思います。

給油時に汚れが気になる方はコロナ。点火にこだわるなららトヨトミですね。

どちらも、よくできた石油スト―ブなので、どちらを選んも失敗することはないと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする