モダンデコTetraとパナソニックFE-KFS05の電気代を比較~安いのは?

スポンサーリンク

モダンデコTetraは加熱式と超音波式のハイブリット方式、パナソニックFE-KFS05はヒーターレスの気化式です。

両者の方式は全く違いますが、Tetraは最大加湿量は550ml/h)、パナソニックは最大加湿量500ml/h)とほぼ同じぐらいの加湿能力を持っています。

購入の際にはどちらがよいか迷いそうです。そこで、今回は電気代の比較をしてより経済的ななのはどちらかを調べてみました。また、衛生面や使い勝手などについても比較しましたので参考になればと思います。

モダンデコTetra

パナソニックFE-KFS05

モダンデコTetraとパナソニックFE-KFS05の電気代を比較~安いのは?

電気代比較一覧表

モダンデコTetra FE-KFS05
加熱(なし)

「強」約300ml/h 、25W

  • 1時間当たり:0.68円/h
  • 1日8時間30日:162円/月

「中」約180ml/h

  • 1時間当たり:非公開
  • 1日8時間30日:非公開

「弱」約110ml/h、18W

  • 1時間当たり:0.49円
  • 1日8時間30日:116.64円
「お急ぎ」600ml/h、8W

(連続30分限定の機能です。下記の計算は仮に連続した場合のものです。)

  • 1時間当たり:0.22円/h
  • 1日8時間30日:52.8円/月

「強」500ml/h、6W

  • 1時間当たり:0.17円/h
  • 1日8時間30日:40.8円/月

「弱」330ml/h、3.5W

  • 1時間当たり:0.1円/h
  • 1日8時間30日:24円/月

加熱(強)

「強」約550ml/h、295W

  • 1時間当たり:8円
  • 1日8時間30日:1912円

「中」約440ml/h

  • 1時間当たり:非公開
  • 1日8時間30日:非公開

「弱」約370ml/h

  • 1時間当たり:非公開
  • 1日8時間30日:非公開
加熱(中)

「強」約500ml/h

  • 1時間当たり:非公開
  • 1日8時間30日:非公開

「中」約400ml/h

  • 1時間当たり:非公開
  • 1日8時間30日:非公開

「弱」約350ml/h

  • 1時間当たり:非公開
  • 1日8時間30日:非公開
加熱弱

「強」約400ml/h

  • 1時間当たり:非公開
  • 1日8時間30日:非公開

「中」約300ml/h

  • 1時間当たり:非公開
  • 1日8時間30日:非公開

「弱」約210ml/h

  • 1時間当たり:非公開
  • 1日8時間30日:非公開

●モダンデコTetraの消費電力はヒーター消費電力270W、超音波消費電力25W、最弱(加熱なし、加湿弱)の消費電力は18Wのみ公開されています。そのため多くの項目で非公開となっています。

●パナソニックはすべてのデータが公開されているので、そのまま転載しています。

上記の表より、電気代を比較すると次のようになります。

最強で運転した場合

  • モダンデコ(550ml/h):1,912円/月
  • パナソニック(500ml/h):40.8円/月(ターボでは52.8円/月)

圧倒的にパナソニックの電気代が安いですね。これは、モダンデコはヒーターを使用するため電気代が高くなっています。

最弱で運転した場合

  • モダンデコ(約110ml/h):116.64円/月
  • パナソニック(約330ml/h):24円/月

モダンデコの加湿量はパナソニックの1/3ですが、電気代は約5倍です。モデンデコの消費電力は超音波発生器の18Wですが、パナソニックはDCモーターファンでわずか3.5Wしか買っていません。それで加湿量は3倍もあります。

電気代が安いのは?

パナソニックの消費電力の少なさが際立っています。月に40円程度なので半年でも240円です。仮に24時間稼働させても半年で720円です。

電気代で決めるならパナソニック一択ですね。

衛生面では?

電気代はパナソニックの圧倒的に有利だということがわかりましたが、衛生面ではどうでしょうか?モダンデコは超音波と加熱式のハイブリッドです。パナソニックはヒーターレス気化式です。方式による衛生面の違いがあります。

モデンデコ

加熱式のメリットは加熱することで殺菌効果が得られることです。モダンデコは加熱モードの時であれば、この殺菌効果は期待できます。

しかし、加熱なしで運転した場合は、超音波加湿器そのものなので水中の雑菌等は超音波で砕かれた水と一緒に室内に放出されてしまいます。水タンク内に抗菌剤を入れるなどの対策が必要だと思われますが、Tetraでは抗菌剤等の採用はしていません。

衛生面に気を付けるのであればモダンデコTetraは加熱しながらの加湿が必要です。そうすると電気代が高くなってしまいます。

パナソニック

ヒーターレス気化式です。加熱しないので殺菌作用はありませんが、水蒸気に気化されて室内に放出されるので空気が雑菌で汚染されることはなく衛生的です。なお、水受けには標準で抗菌剤がセットされいるので安心です。

衛生面でのまとめ

まとめると、モダンデコTetraは加熱モードで加湿すれば衛生的だが、加熱なしでは超音波式と同様に雑菌が放出される場合があります。

一方のパナソニックは気化式なので衛生的です。また、水そのものも抗菌剤で処理されるので安心です。

使い勝手は?

加湿器では給水作業が必要です。以下に楽に給水できるかが各社が苦労するところです。

モダンデコ

タンクを外さず上部から水の補給ができます。水差しはどこかから持ってこなくてななりませんが、こまめに水の補給をすることで重たいタンクを運ぶ必要がなく力のない方には便利です。

パナソニック

給水タンクは取り外して給水するタイプです。立ったままでタンクは取り出しや収納ができるので、腰への負担はあまりありません。また、左右どちら向きでも入れられるのも便利です。

まとめ

電気代で選べばパナソニックです。お伝えした通り圧倒的にパナソニックのほうが電気代が安いです。

衛生上モダンデコTetraは加熱なしで使用するのはあまりお勧めできません。一方、気化式のパナソニックは気化式なので空気を汚染する心配がありません。

使い勝手では、モダンデコTetraの上部給水は便利です。しかしパナソニックの給水タンクもとても使い勝手がよく上部給水ができなくとも問題ないと思います。

繰り返しになtりますが、今回の目的である電気代の比較ではパナソニックが断然安いということでまとめとします。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥19,500 (2020/04/08 12:10:40時点 Amazon調べ-詳細)

パナソニックナノイー搭載機もおすすめです。わずかにナノイー発生機の分電気代は上がりますが、ほとんど変わりません。

19畳タイプも同じ外形寸法・質量です。性能の良い19畳タイプも電気代は圧倒的に安いので予算が許せばおすすめします。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥21,800 (2020/04/08 12:10:42時点 Amazon調べ-詳細)

ナノイー搭載機

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥26,400 (2020/04/08 11:18:53時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする