加熱式加湿器の購入で迷ったら象印がおすすめ~その理由は?

スポンサーリンク

加熱式加湿器でどのメーカーにしようかと迷ったら像印がおすすめです。加熱式をお考えということは衛生面な加湿、さらにお手入れはできるだけ簡単になどの理由からだと思います。

ここでは、象印の加熱式加湿器をおすすめする理由をお伝えしています。

加熱式加湿器の購入で迷ったら象印がおすすめ~その理由は?

象印の加熱式加湿器のおすすめな点

① 清潔な加湿ができる

加熱式加湿器には水タンク全部を沸騰させるタイプとタンクから水をくみ上げた少量の水を沸騰させるタイプに分かれます。

どちらも沸騰させて加湿するため非常に衛生的な加湿ができます。

② 象印の加湿器は掃除などの手間がほとんどかからない

しかし、水タンクに注目すると、象印の加湿器のようにタンクの水全体を沸騰させる加湿器と、水タンクから少量の水をくみ上げて蒸発させる方式とでは大きな違いがあります。

少量ずつくみ上げて蒸発させるタイプでは、水タンク内の水は加熱されないため細菌などが繁殖する可能性あります。かなりこまめに洗浄しないとヌメリが出て水タンク内は不衛生になってしまいます。

象印の水タンクは使用するたびに熱湯消毒をしているようなものですが、少量の水ををくみ上げ加湿するタイプでは水タンク内のこまめな清掃が欠かせません。

ただ、くみ上げ式の加湿器も加湿するときは沸騰させるため水タンク内の細菌やカビはほとんどが死滅し加湿そのものは衛星的です。しかし、水タンク内の汚染が進めば悪臭が発生す可能性はあります。

③ 湿度コントロール機能がある

加熱式加湿器には加湿量を設定し連続加湿するタイプと、この連続運転とは別に何段階かの湿度になる様自動的に運転できるタイプがあります。

連続運転では湿度が高くなりすぎてしまったり、いつまでたっても湿度が上がらないなどといったことがあります。一方の自動運転では自動的に湿度を維持してくれるため快適な運用ができます。

象印の加熱式加湿器には自動運転があるのでとても快適です。

④ 上部給水なので給水が楽

電気ポットと同様の上部給水なので給水が楽です。

⑤ 象印ブランドで安心

象印は電気ポットなどのメーカーです。長年の技術蓄積があるので安心して使えます。水漏れなどは

象印加熱式加湿器のデメリット

① 電気代が他方式に比べ高め

超音波式や気化式と呼ばれる加湿器に比べ、水を100°Cまで加熱するため電気代が高くなります。沸騰させて加湿するという仕組みなので電気代が高くなるのは衛生的な加湿とのトレードオフのようなものです。衛生面を最優先させるのであれば加熱式が一番確実です。

② 放出される水蒸気の温度が高い

100°Cまで加熱沸騰させているため出てくる蒸気は熱を持っています。しかし、象印の加熱式加湿器はやけどを防ぐため100°Cの水蒸気は加湿器内で60~65°Cまで温度を下げてから放出されます。それでも他方式の加湿器に比べれば高い温度です。

おすすめの理由

おすすめの点やデメリットについてお伝えしてきました。

  • 水タンク全体を加熱・沸騰
  • 自動運転で湿度コントロール
  • 上部給水
  • 手入れはシーズン中1,2回のクエン酸洗浄だけ

このな条件を満足する加湿器は象印の加熱式加湿器以外にはすぐには見当たりませんね。

象印で一番おすすめの加湿器はEE-DA50です。これは4Lタイプなので給水回数が少なくて便利です。他ではEE-RN50,EE-RN35などもあります。

created by Rinker
象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥15,679 (2019/10/24 03:44:14時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする