象印 EQ-AG22とEQ-AA22の違い~おすすめは?

スポンサーリンク

象印 EQ-AG22とEQ-AA22はどちらも1000Wですが、パワーの切り替えやタイマーなどが違っています。ここでは、EQ-AG22とEQ-AA22の違いと、おすすめの選び方についてもお伝えしています。

EQ-AG22

 

EQ-AA22

象印 EQ-AG22とEQ-AA22の違い

基本仕様の比較

EQ-AG22 EQ-AA22
消費電力 1000W

火力5段切りかえ

  1. 1000W
  2. 740W
  3. 500W
  4. 240W
  5. 510W(上火グリル)
1000W

火力は1000W固定

タイマー 30分 15分
トレー 22.7x20cm 22.7x20cm
外寸 38.5x27x23cm 38.5x27x23cm
庫内寸法 26x22x10.5cm 26x22x10.5cm
質量 4kg 3.9kg

「火力切りかえ」と「タイマー」の2点が大きな違いです。操作パネルを見るとすぐにわかります。

操作パネルの比較

左がEQ-AG22、右がEQ-AA22です。

左のEQ-AG22にはつまみが2個付いていて、上が火力調整で下が30分タイマーです。右のEQ-AA22には15分タイマーが1個あるだけです。

 

おすすめは?

EQ-AG22かEQ-AA22は調理内容で決まります。

次の様な1000Wでの調理ならEQ-AG22、EQ-AA22どちらでもできます。

  • トースト
  • グラタン
  • ピザ
  • 冷凍ピザ
  • 市販パック切りもち
  • 調理済冷凍フライ
  • 焼き芋
  • ホイル焼き
  • ホットドッグ

更にワット数切り替えができるEQ-AG22だと次のような調理ができます。

  • ロールパンやクロワッサンのあたため:240W
  • フライのあたため:500W
  • チョコチップクッキー&ナッツ:500W
  • アップルパイ:740W

以上のことから、トーストやピザがメインであればEQ-AA22で十分です。あたためやアップルパイなども作りたい場合はEQ-AG22を選んだ方が良いですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする