エアコンをつけたら扇風機~サーキュレーターをわざわざ買う必要ないよ

スポンサーリンク

エアコンは夏は冷房、冬は暖房と1年中使います。もっともエアコンの出始めは冷房専用でしたが、今では冷暖房が当たり前になりました。

エアコンで気になるのは冷房時も暖房時でも冷たい空気は重いので下にたまって足元が寒いことです。

そのため、サーキュレーターや扇風機で部屋の空気を循環させ足元の温度を上げてあげる必要があります。

すでに扇風機があるのであれば、サーキュレーターを新たに購入しなくても扇風機で十分です。

空気の流れを作るため、扇風機を上に向けて部屋の下の方にある空気を天井に吹きあげます。

これで扇風機を中心に部屋の中に大きな空気の流れができます。次第に部屋の空気は混ざって一定の温度ムラがなくなってきます。

暑すぎず、冷たすぎずの温度ムラが少ない状態になると足元の冷えは解消され快適な温度になってきます。

さらに、よいことはエアコンの電気代も節約できることです。温度ムラがあるとエアコンの温度調整を頻繁に行う傾向にあるそうです。

三菱テクノサービスのHPには、そのことが詳しく書かれています。この調査は冷房時のものですが暖房時でも同様だと思われます。

三菱テクノサービスHP

このページの最後には次のように記されています。

本調査から「オフィス内のエアコン」における様々な実態(“体調不良に繋がる” “設定温度の上げ下げ”など)が浮き彫りになりました。特に、頻繁な“設定温度の 上げ下げ”は、省エネの観点からお勧めは出来ません。頻繁に設定温度を変更するこ とで、エアコンに余計な負荷がかかってしまい、さらに電力を消費してしまいます。
夏に設定温度を下げなくても、扇風機やサーキュレーターなどを使い、室内に気流を作ることで、温度のムラを解消するとともに、体感温度も下げることが でき、なおかつ、省エネ効果も期待が出来ます。

以上がエアコンを使う時に扇風機を併用したほうがよい理由です。

扇風機を持っていない場合は、新たに扇風機またはサーキュレーターを用意するとよいです。

扇風機にするかサーキュレーターにするかは、風に当たって涼をとることがあるか、洗濯物に風を当てて速く乾かしたいのかで決めるとよいです。

洗濯物を速く乾かすのであれば、サーキューレーターがおすすめです。

サーキュレーターでも扇風機代わりになるよなタイプもあるので、迷ったら、そういったタイプのサーキュレーターにしておくとよいと思います。

すでに扇風機を持っているのであれば、くどいようですがわざわざサーキュレーターを買わずに扇風機を有効活用したほうが良いです。

サーキュレーターや扇風機を置く場所ですが、部屋の大きさや形が違うので、いろいろと試してみるしかありません。

天井と床との間に空気の流れを作れをつくり暖かい空気が天井にとどまらない、冷たい空気が足元にとどまらない、といったことを考えながら場所を選べばよいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする