大容量電気代が安い 40畳対応気化式加湿器 ~おすすめは?

スポンサーリンク

40畳以上の大容量気化式加湿器の電気代比較です。国内の加湿器としてパナソニック、ダイニチを海外の加湿器はボルネードとKAZを取り上げました。

電気代が安い大容量加湿器40畳以上の比較

比較表

メーカー 面積 型番 1時間当たりの電気代(約)(50Hz/60Hz))
パナソニック 64畳 FE-KXP23 1.25円(ターボ)/0.87円(強)
56畳 FE-KXP20 0.87円
42畳 FE-KXF15 1.27円
ダイニチ 67畳 HD-242(243) 21.8/22.1円
50畳 HD-182(183) 10.5円
42畳 HD-152(153) 10.0円
ボルネード 56畳 HM4.0-JP 0.91/0.78円
KAZ 42畳 KCM6013A 1.6/1.9円

ダイニチはハイブリッド(温風気化式)なので消費電力が大きく電気代も高めです。他派ヒーターレスなので電気代が非常に低く抑えられています。

電気代を抑えるならパナソニック、ボルネード、KAZあたりがよさそうです。

パナソニック 気化式加湿器

パナソニックの加湿器です。サポート体制もしっかりしているので、何かあってもすぐに対応してくれます。

適用床面積は42畳、56畳、64畳です。電気代は1時間当たり1円以下なのでラ電気代を気にせず使えるのが一番のメリットです。ただし、FE-KXF15は2010年モデルと古く、ワンランク上のFE-KXP20(2017年モデル)の方をおすすめします。

ナノイーが搭載されているので空気清浄効果も期待できますね。

FE-KXP23 FE-KXP20 FE-KXF15
本体サイズ 700x560x280 700x560x280 410x445x350
質量 約16.1kg 約16.1kg 約9.8kg
タンク容量 約12L(6Lx2) 約12L(6Lx2) 約9L(4.5Lx2)
加湿フィルター 約10年 約10年 約10年
ナノイー搭載
created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥54,800 (2019/11/11 20:09:40時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥57,368 (2019/11/11 20:09:41時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥46,154 (2019/11/11 20:09:42時点 Amazon調べ-詳細)

ボルネード HM4.0-JP

サーキュレーターではおなじみのボルネードの加湿器です。特徴は得意のサーキュレーター内蔵の加湿器になっていることです。

本体サイズ 幅51×奥行29×高さ34cm
質量 3.8kg
タンク容量 7.6Lx2
加湿フィルター 交換目安4~12週 2枚セット 2,200円
created by Rinker
Vornado(ボルネード)
¥29,200 (2019/11/11 20:09:42時点 Amazon調べ-詳細)

一回り小さなEvap3-JP(12畳~39畳)

created by Rinker
Vornado(ボルネード)
¥16,061 (2019/11/11 20:09:43時点 Amazon調べ-詳細)

KAZ KCM6013A

米国Kazの加湿器です。日本ではあまり知られていませんが海外では有名なメーカーです。国内ではカズ社の日本総代理店である日本ゼネラル・アプラィアンス株式会社が取り扱っています。

本体サイズ 幅550 × 奥行350 × 高さ460mm(キャスター含む)
質量 7.2kg
タンク容量 12L(6L×2タンク)
加湿フィルター 交換目安2~4か月 2500円/1枚
created by Rinker
Kaz (カズ)
¥24,734 (2019/11/11 20:09:44時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめは?

ヒーターレス気化式加湿器は電気代が節約できおすすめです。なかでもパナソニックは国内メーカーという点ではサポートも安心できます。あえて海外メーカー品を選ぶこともないと思います。

さらにここで紹介しているパナソニックの加湿器にはナノイーを搭載しているので加湿だけでなく空気清浄機能もあるのもおすすめのポイントです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする