シャープHV-R75 とパナソニックFE-KXU07の比較~電気代の安いのは?

スポンサーリンク

人気のシャープの加湿器HV-R75とパナソニックの加湿器FE-KXU07、性能が似ているので、どちらにしようか悩みそうです。

そこで、今回はシャープHV-R75 とパナソニックFE-KXU07の主なスペックや機能の違いをお伝えします。(電気代は電力料金の目安単価31円/kWhを使用します。)

シャープの「強」はヒーターを使用するため335Wもの消費電力があります。それに対しパナソニックではヒーターは一切使用しないので、最大消費電力はたったの19Wです。

シャープもエコ運転を使用すれば、消費電力は最大でも34Wになります。畳数によっては(ex14畳以下)ではエコ運転だけで使用でき、かなり電気代は安くなります。

シャープHV-R75 とパナソニックFE-KXU07の比較~違いは?

適用床面積目安の比較

メーカー型番 プレハブ洋室 木造和室
シャープHV-R75 21畳(35m2) 12.5畳(21m2)
パナソニックFE-KXU07 19畳(32m2) 12畳(20m2)

電気代の少なさで選ぶならパナソニックFE-KXU07がおすすめ

消費電力と電気代の比較

項目 シャープHV-R75 パナソニックFE-KXU07
消費電力 強 335W

静音 12W

エコ(強) 34W

お急ぎ 19W

強 14W

中 8W

弱 5.5W

静か 4W

電気代 強 約10.4円

静音 約0.4円

エコ(強) 約1.1円

お急ぎ 約0.59円

強 約0.43円

中 約0.25円

弱 約0.17円

静か 約0.12円

シャープは「強」の消費電力が335Wと非常に大きくなっています。これは加湿フィルターに吹き付ける温風用のヒーターがあるからです。静音やエコではヒーターを使わないので消費電力は小さく抑えられています。

一方のパナソニックでは、完全なヒーターレスのため少ない消費電力で、「お急ぎ」から「静か」まで稼働できます。

電気代で見るとパナソニックFE-KXU07が断然お得です。電気代を最優先で選ぶのであればパナソニックです。

 

加湿能力は?

シャープHV-R75 パナソニックFE-KXU07
強(連続):750mL/h

弱(連続):200mL/h

エコ(強):480mL/h

お急ぎ:800mL/h

強:700mL/h

中:500mL/h

弱:330mL/h

静か:150mL/h

自動運転

シャープHV-R75 パナソニックFE-KXU07
おまかせ
スピーディーに快適湿度にしたいとき
お部屋の温度・湿度の変化に応じて風量を切り換え、下表のようにきめ細かな湿度コントロールを自動的におこないます。

室温 湿度
~18℃ 60%
18~24℃ 65%
24℃~ 55%

おやすみ
静かに快適運転をしたい時
運転音を抑えて、お部屋の温度・湿度に応じてきめ細かな湿度コントロールを自動的におこないます。

エコ
消費電力を抑えて運転したいとき
ヒーターを使用せずに運転し、電気代を節約します。(加湿量は減少します)
エコ運転の最大消費電力は34W

おまかせ
快適な湿度で運転したいとき
湿度約60 %を目安に「弱」〜「強」で自動運転。のど・肌
のどやお肌の乾燥が気になるとき
湿度約60 〜 65 %を目安に「中」と「強」で自動運転。おやすみ
就寝時など、静かに運転したいとき
湿度約60 %を目安に「静か」と「弱」で自動運転。

 

 

シャープのエコ運転なら省エネ

シャープのエコ運転は、おまかせ運転をヒーターレスで行うモードと考えられます。ただ、ヒーターを使用しないためエコ運転では最大480mL/hの加湿能力しか出せません。

木造和室では8畳、プレハブ洋室では14畳までに適用床面積は少なくなります。逆に言えば、この畳数より小さければエコ運転で加湿出来るわけです。

10畳の部屋(室温20℃で湿度65%、換気回数1回/h)で、シャープのエコ運転の電気代とパナソニックの電気代を大雑把に求めてみます。

室内は20℃/湿度65%と仮定

  • 20℃湿度65%の10畳の部屋の水分量を計算すると約445g

外気は5.4℃/湿度51%と仮定(東京野30年間分1月の平均気温と湿度)
換気するとこの空気に室内空気は1時間で置き換わる

  • 5.4℃湿度51%の10畳の部屋の水分量を計算すると約141g

水蒸気量の差を加湿器で補う

  • エコ(強)の加湿能力は480ml/h(=480g/h)
  • (445g-145g)/480g/h=0.62/h
  • エコ(強)の電気代は1.1円/hなので。過湿に要した電気代は約0.7円となります。
  • これは換気を1時間に1回行った時の電気代です(壁や天井などの吸湿はここでは無視)

パナソニックの加湿器でも同じ条件で計算してみます。

  • 強は700mL/h(0.42円/h)、中は500mL/h(0.25円/h)
  • 「強」(445g-145g)/700g/h=0.42/h
  • 「強」0.43円/h x 0.42/h = 0.2円
  • 「中」(445g-145g)/500g/h=0.6/h
  • 「中」0.25円/h x 0.6h = 0.15円

換気回数1回/hで1時間あたりのかかる電気代は次のとおりです。

シャープのエコ運転:約0.7円/h

パナソニック:約0.2円/h

となりました。

それでもパナソニックの方が安上がりです。加湿の効率が高いです。

この値は実際とは大分違うと思いますが、パナソニックの方が安いということは変わらないと思います。

また、電気代の差もあまり大きくはないだろうと予想できそうです。

14畳以下であれば、シャープのエコ運転が使えるので、パナソニックと同等とまではいかなくても、かなり省エネな加湿ができると思われます。14畳以下で使用するなら検討してみても良さそうです。

給水は?

シャープHV-R75 パナソニックFE-KXU07
タンク容量 約4.0L 約4.0L
給水方式 上部給水

トレー

トレー

シャープの給水

シャープはトレーをシンクまで運ばなくても上部給水ができますが、トレーをシンクまで運んでの給水にも対応しています。低い位置でのトレーを出し入れするのは腰に悪そうなので基本は上部給水になるでしょう。

パナソニックの給水

一方のパナソニックの給水はタンクをシンクにもっていって行います。上部給水はできません。しかし、給水タンクの口が大きいのでシンクでの給水はとても楽です。

パナソニックの給水タンクの取り外しや取り付けは立ったままの姿勢で楽にできるので、腰に負担がかかりません。

また、タンクは構造的に左右の向きに関係なく装着できて便利です。タンクの取り扱いが簡単なので、上部給水が出来なくて、給水が不便だと感じることはないでしょう。

加湿フィルターの寿命は?

加湿フィルターはどちらも長持ちです。

シャープの加湿フィルター

交換の目安:8シーズン(約48か月)(2週間に1度お手入れした場合)

定格加湿能力に対し加湿能力が50%に落ちるまでの期間。加湿フィルターは1日8時間運転で約6ヵ月の使用を1シーズンとして交換の目安を表記しています。(2週間に1度お手入れした場合) ●水質、使用環境によって交換時期は早くなることがあります。

パナソニックの加湿フィルター

交換の目安:約10年(月一回の水洗いは必要)

加湿フィルター交換の目安は定格加湿能力に対し、加湿能力が約50%に落ちるまでの期間。1日8時間運転に基づき当社で算出。ご使用状況によっては寿命が短くなることがあります。定期的にフィルターのお掃除が必要です。

除菌は?

シャープの除菌ユニット

Ag+イオンカートリッジ

交換の目安:約1年

1日平均2.5Lの水を使用した場合(総使用量900L)が交換の目安です。水質、使用環境によっては交換時期が早くなることがあります。

パナソニックのイオン除菌ユニット

フィルター枠に固定されていて取り外せません。すなわち交換の必要がないということです。加湿フィルター交換時にもフィルター枠はそのまま継続して使うので、イオン除菌ユニットも継続して使うことになります。

取扱説明書に下記のように説明されていますので、交換不要と考えてよいですね。

フィルター乾燥・清掃

シャープHV-R75 パナソニックFE-KXU07
加湿フィルターを約60分間温風で乾燥します。給水トレーに水が残っている時は不可。 運転停止中にフィルター部にナノイーを充満させて、清潔にします。

運転音の比較

シャープHV-R75 パナソニックFE-KXU07
強 41dB

静音 23dB

お急ぎ 44dB

強 39dB

中 31dB

弱 22dB

静か 15dB

運転音はどちらも似たようなものですが、パナソニックの「静か」は、15dBなので運転音はほとんど聞こえないレベルです。音に敏感な方でも寝室で使えるのではないでしょうか?音に敏感な方は要チェックです。

電気代が安いのはパナソニック

シャープHV-R75とパナソニックFE-KXU07を比較してきましたが、一番気になるのはやはり電気代ではないでしょうか?

上でもお伝えしていますが、電気代が安く上がるのはヒーターレス加湿器であるFE-KXU07です。「強」で一日8時間30日使っても、電気代は約103円です。

シャープでは、同じ条件で「強」を使うと、2,496円です。もちろん、ずっと強で運転することはないので、ここまで電気代が上がることはないと思います。

14畳以下ではシャープもヒーターレスのエコ運転で加湿できるので、電気代はかなり節約できます。

とは言え、パナソニックの方が電気代が安いことは間違え有りません。

電気代の安さを優先させるのであればパナソニックFE-KXU07はとてもおすすめです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました