極め炊き NP-BK10とNP-BJ10の違い~おすすめなのはどちら?

スポンサーリンク

極め炊き NP-BK10とNP-BJ10の違いについてお伝えしています。仕様書や取扱説明書などから違いがあるかどうか見てみました。基本的には同じ性能ですが、保温やメニューにわずかな違いがあります。

極め炊き NP-BK10とNP-BJ10の違い

基本仕様は同じ

NP-BK10 NP-BJ10
炊飯時消費電力(W) 1240 1240
1回あたりの炊飯時消費電力量(Wh) 150 150
1時間あたりの保温時消費電力量(Wh) 16.1 16.1
外形寸法 幅×奥行×高さ(約cm) 26.5×40×22  26.5×40×22
ふた開き時の高さ(約cm) 42  42
質量(約kg) 5.5 6.0

質量が500gだけNP-BK10が小さくなりましたが、他の仕様は全く同じです。

機能の違い

NP-BK10 NP-BJ10
エコ炊飯
しゃっきり
ややしゃっきり
ふつう
ややもちもち
もちもち
熟成
急速
炊き込み
すしめし
おかゆ
雑穀米
麦ごはん
蒸気セーブ
やわらか
わが家炊き
玄米 普通
玄米 熟成
おこわ
発芽玄米
極め保温
高め保温
保温なし
油圧ダンパー x

・「麦ごはん」メニューがNP-BK10に追加されました。

・「保温なし」メニューがNP-BKから削除されました。

・NP-BJ10の蓋は油圧バンパー構造で、ふわっとした感じで開くのに対し、NP-BK10は油圧ダンパ―構造ではなくなりました。

麦ごはんメニュー

健康に気を遣う方に大人気の「もち麦」や「押し麦」も麦の風味を生かしながらふっくらもちもちに炊き上げる専用のメニューがあります。

NP=BK10になって新しく追加されたメニューです。麦ごはんを焚く方には嬉しい機能です。

保温メニュー

NP-BJ10にはあった「保温なし」メニューがNP-BK10からなくなりました。

「保温なし」は1回で食べきる方や、ごはんを冷凍保存する場井伊に弁いrな機能です。保温しない人はNP-BJ10の方が使いやすいかもしれません。

油圧ダンパー

象印の説明ページには次のように記載されています。

ふたの部分に、自動車のドアや住宅の免震装置などに使われている油圧ダンパーを採用。開ける時の衝撃を和らげ、フワッと柔らかくふたがオープンします。

性能等には関係のないものですが、使用上はダンパーがあった方が高級感があるように感じられます。

おすすめは

基本仕様は同じですが、「麦ごはん」「保温」に違いがありました。

次のような感じで、えらぶのがおすすめです。

  • 麦ごはんを焚く方⇒NP-BK10
  • 保温したくない人⇒NP-BJ10

麦ごはんは炊くことが無いのであればNP-BJ10がよいかと思います。

もっと言えば、NP-KB10は油圧ダンパーを廃止するなどしたコストダウン品のイメージが強く感じられます。

目に見えない部分では多くのコストダウンがされている可能性が高いです。

このような意味でもNP-BJ10の方がよいのではと個人的に思っています。

通販情報

NP-BK10、NP-BJ10の詳細は下記の通販サイトで確認してください。ジャンプ先は楽天、アマゾン、ヤフーショッピングのそれぞれの販売ページです。

NP-BK10

楽天でNP-BK10をチェック

ヤフーショッピングでNP-BK10をチェック

アマゾンで象印圧力IHジャーをチェック

NP-BJ10

楽天でNP-BJ10をチェック

ヤフーショッピングでNP-BJ10をチェック

アマゾンで象印圧力IHジャーをチェック

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする