象印 加湿器 EE-RM35 2か月目にクエン酸洗浄しました!

象印の加湿器 EE-RM35を使い始めて2ヶ月ほど経ったので洗浄してみました。この加湿器を買った一番の理由は手間がかからないところでした。実際、この2か月間は一度もお手入れしていません。ポットの水がなくなったら入れるだけです。今回、初めてのクエン酸洗浄をしてみましたのでポット内の汚れや、洗浄後の状態をお伝えしようと思います。

楽天市場象印 ピカポット【楽天】安値ショップ一覧

楽天市場象印 加湿器 EE-RM35楽天安値ショップ一覧

クエン酸洗浄しました

2ヶ月経過の加湿器内部写真

容器の底はザラツキがありました。水道水のミネラルが結晶したものです。これが増えてくると沸騰時に音が大きくなると取説にありましたが、それほど気になる音は出ませんでした。

ミネラル成分の結晶が流れ出てきた

いつも完全に蒸発してアラームが出てから給水していたので、容器内の水を捨てるということはありませんでした。今回は洗浄するため残っていた水を捨てたところ、下記のような真っ白い結晶が水と一緒に流れ出てきました。ピンセットで掴むととても薄くて割れやすかったです。水道水に含まれるミネラルが結晶したものです。

ピカポットを通販で購入。

ポット用の洗浄剤なら何でもいいと思ったのですが、今回初めての洗浄なので象印の純正品を買いました。成分は100%クエン酸です。30gが4袋入っています。

洗浄には1袋使います。ぬるま湯に一袋溶かして、加湿器の容器に入れて満水にします。

ピカポットの使い方が印刷されています。象印の電気ポット用のクエン酸ですね。

使用上の注意が書かれていました。

塩素系の洗剤と使うと有毒な塩素ガスが発生するので、同時使用は禁止です。誤って飲んだときは、吐かずに水や牛乳で飲み込めばいいそうです。クエン酸は食べもに使われるものなので食べても安全なんですね。

電気ポット注意書き

電気ポット使用上の注意が入っていました。加湿器用というのは特に用意されていません。この加湿器は電気ポットのようなものなので流用しているようです。

楽天市場象印 ピカポット【楽天】安値ショップ一覧

楽天市場象印 加湿器 EE-RM35楽天安値ショップ一覧

クエン酸洗浄

ぬるま湯に溶かしたクエン酸を容器に入れます。

洗浄中はクエン酸の臭いがするのかと思っていましたが臭いませんでした。

洗浄モード

クエン酸洗浄ボタンを3秒以上の長押しで、洗浄モードになります。約1時間半かかります。

洗浄完了

1時間半ぐらいで洗浄完了。完了するとランプが3個ついて洗浄が停止。

洗浄後の内部です。

結晶は溶けたようですね。

洗浄液を捨てた後の写真

ザラツキがきれいに取れていました。購入したときの様にきれいです。

今回初めて洗浄しました。クエン酸でミネラルの結晶などがきれいさっぱり取り除けて気持ちがいいです。内ブタのパッキンも異常なしでした。

楽天市場象印 ピカポット【楽天】安値ショップ一覧

楽天市場象印 加湿器 EE-RM35楽天安値ショップ一覧

結晶の正体は?

水道水に含まれるミネラルが結晶化して容器にこびりつくわけですが、我が家の水道水にはどのくらいのミネラルが含まれているのか調べてみました。

  • ナトリウム及びその化合物:15mg/L
  • カルシウム、マグネシウム等(硬度):64.5mg/L
  • カルシウム(硬度):49.0mg/L
  • マグネシウム(硬度):15.5mg/L
  • カリウム:2.4mg/L
  • pH値:7.4

硬度は64.5mg]/Lなので分類は軟水となります。WHOの分類では中程度の軟水(中硬水)になります。日本で100mg/L以下が多いようです。調べると硬度は取水場所によって大きくばらついています。都道府県別に硬度を出してもあまり意味がなさそうです。取水場所で硬度が違ってくることがあるからです。

今回出てきた白い結晶は炭酸カルシウムだと思われます。水道水の中には鉄分が多いいとさび状の斑点、もらいさびが容器につくようです。金属イオンによって褐色・赤紫色になることもあるようです。幸いなことに我が家の水道水にはあまり金属イオンが含まれていないようでそのような着色は無かったです。

おわりに

2ヶ月目のクエン酸洗浄ですっかりきれいになって今日もしっかりと加湿してます。フィルターや水受けがないので本当に手間いらずで楽です。また、2ヶ月後にクエン酸洗浄しようと思います。この記事がお役に立てれば幸いです。

今回購入した象印加湿器EE-RM35
↓ ↓ ↓
楽天市場象印 加湿器 EE-RM35楽天安値ショップ一覧

ピカポット
↓ ↓ ↓
楽天市場象印 ピカポット【楽天】安値ショップ一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする