シロカ おりょうりケトル ちょいなべ SK-M151の口コミ・評判

スポンサーリンク

シロカ おりょうりケトル ちょいなべ SK-M151の口コミや評判をお伝えします。名前の通り電気ケトルとして、電気鍋としても使える便利なちょいなべです。

ちょいなべで作るレシピ集も用意されているので、初めての人でもすぐに調理できるのが人気です。ラーメンやスープが簡単い出来るのでとても便利です。

ちょいなべのスペックは次の通りです。

電源 交流100 V、50/60 Hz
消費電力 1200 W
質量(約) 1.8 kg
外形寸法(約) 幅28.2 cm ×奥行18.2 cm ×高さ18.3 cm
電源コードの長さ(約) 1.3 m
調理容量 1 L
温度過昇防止装置 温度ヒューズ

シロカ おりょうりケトル ちょいなべ SK-M151の口コミ・評判

なべの大きさは?

思ってるよりは大きいけれど底が浅い感じで、冷蔵庫で保冷する時はそこそこ良かったのに何か色々惜しい。
これなら電子コンロ対応の器具買って電子コンロ使う方が故障後も対応しやすくて良いのでは、と感じました

底が浅いのが惜しいようです。もう少し深さがあればより便利に使えると思います。

ケトルとして考えると少し大きいと感じると思います。少し小さめの電気鍋の感覚かな。けど、どちらとしても使えるというのは何かと便利なので、自室で一人分、一人暮らしでちょっとした鍋するのには向いてると思います。

ケトルとしては少し大きめ、鍋としては小さめといった感じのようです。両方使えるので便利ですね。

テレビで見て欲しくて購入しましたが、
かなり浅めで何に使おうか?思ったより使用度が低いです。レトルト温めるのもナベでした方が結果早いし、鍋の中が段になってるのでフラットな鍋よりは洗いにくいし結果、棚に収まってます。

浅すぎて何に使おうかとなっています。はじめに自分が調理したい料理をイメージして購入しないと、この方のようになってしまいます。レシピ集が公開されているので、それで最初にチェックしたほうがいいですね。

レシピ集

ふたのロック機能

悪かった点は、蓋のロック機構全般です。
ロックを解除していても、蓋側のツメはスプリングで押し付けられています。そのため蓋を外す際に力が必要で、弾みでお湯がこぼれてしまいました。火傷のリスクがあり危険です。

ロック機能があまりよくないようです。

ダメ押し的にはフタ部分が一見するといかにも手の込んだ作りになっている様だが、開閉が固く、全く使い物にならないし、開ける時に私は火傷した。子供には、あらゆる場面で使わせたくない。

こちらもふたの開閉に問題があると書き込まれていました。ふたをするのはケトルとしてお湯を沸かすときですが、あまりふたがとりにくいと使いにくいかもしれません。

1時間以上の長時間調理はできない

商品説明に温度調節ができる事が強調してあるし、同類の他社製品には温度調節ができるものはなかったので良いと思っていた。
「普通のお鍋と同じように使えて、しかも温度調節ができるからとても便利」と書かれており、60度で長時間保温できればいろいろな使い道が広がると期待していた。甘酒作り、ローストビーフなど様々な調理にも使えるはずだったところだ

ところが、「60分保温機能付」と画像中に書いてあったり、「切り忘れ防止」の記載から、これは「普通のお鍋と同じ」ではない、60分たつと電源が勝手に切れ、長時間の調理は行えないと判明したため、未使用で返品した。

購入者を惑わす不完全な説明だし、この説明で惑わせておいて、返金は全額返してくれないようだ。

60分で電源が切れるというこの仕様は、説明に明記すべきだ。明記してあれば初めから購入せずに済んだところだ

この方は失敗しました。SK-M151は設定温度に達すると1時間で自動的に電源が切れるようになっています。しかし、このことは商品説明ページにはあまり明確には書かれていません。

下記のように説明されているだけです。

温度調整機能付きで、お好みの温度で湯わかしや料理が可能。
40~100度まで温度調整が可能なおりょうりケトルちょいなべ。目的に合わせて、温度を調整することで、好みの温度での湯わかしや料理をすることができます。

毎日使うものだから、安全面にも配慮。
毎日安全に使っていただくために、ロック付きの蓋やマグネットプラグ、空焚きや切り忘れ防止などの安全機能ももちろん備えています。

どこにも1時間以上の調理はできないと書いていませんね。これでは、勘違いして買ってしまった方も大勢いるかもしれません。多くの企業ではデザインレビュー時にこういった点は社内で指摘しあってお客様に迷惑がかからないようにします。この点が抜けてしまったようですね。

取説には設定温度になると、以降60分は、その温度で保温すると書かれています。取説を読めば上記のような間違えは起きないと思いますが、いちいち取説を読んでから購入する人は少ないでしょう。

間違えのないよう商品説明ページにしっかり設定温度に達したら60分で電源が落ちることを明記してくれれば親切ですね。

警告音がうるさい

シチュー、カレーに主に使ってましたが
事あるごとに(なくても)ピー音が何かうるさくて辛い。
これさえなければ、と思うぐらいに警告音に関して非常に不満…

集合住宅だとかなり厳しいかなと言う商品です
思ってるよりは大きいけれど底が浅い感じで、冷蔵庫で保冷する時はそこそこ良かったのに何か色々惜しい。
これなら電子コンロ対応の器具買って電子コンロ使う方が故障後も対応しやすくて良いのでは、と感じました

あと買わないと分かりづらいんですが、地味に蓋の留め具部分が洗いにくいです

警告音がうるさいようです。

OFFに設定しておいてもなんだかぴーって音がして止まらないんです。それで使た後は電源をOFFするのをお勧めします。

こちらはピー音が止まらないので、使用後は電源オフにしています。

以上、ネガティブな口コミや評判もありますが、多くの方は便利で満足しています。

何をちょいなべで作るか最初にイメージできている方は、是非レシピ集を見て出来るのかどうか判断したほうがいいでしょう。

鍋と言ってはいますが、基本は電気ケトルです。温度が継続できるのは保温時間の60分までですから、それ以上時間がかかる調理はできないので注意が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする