黒メダカの値段 いくらで販売されている?

黒メダカのお値段はいくらぐらいか調べてみました。黒メダカは、濃いグレー色のメダカで、田んぼや小川等にいます。国内に広く分布していますが、最近は環境変化に伴い絶滅危惧種に登録されました。素朴なメダカとして人気も高いので人工繁殖も盛んに行われペットショップなどで販売されています。また、品種改良が日々行われた結果、黒系のメダカには様々な種類が出来ました。今回は、ネットショップで販売されている黒メダカをピックアップして、お値段や種類、在庫などの情報をお伝えします。

黒メダカの種類と値段、在庫

黒メダカは日本の野生メダカを改良して作られた黒色のメダカです。下表はネット通販で入手できる黒系のメダカです。ショップリンクをクリック(タップ)すると販売ページに移動できます。そこで最新の値段や在庫の確認ができます。

楽天・アマゾン黒メダカ一覧

大手通販の黒メダカの一覧ページは以下のリンクより移動できます。

黒メダカと他のメダカの混泳

黒メダカは他のメダカと混泳可能ですが、混血種が生まれます。そのため、黒メダカを増やしたいなら、他のメダカとの混泳は避けたほうがいいです。ドジョウやミナミヌマエビなどと混泳させても地味にかわいいです。ドジョウは大きくなるものは避けサンヨウコガタスジシマドジョウがおすすめです。体長も4~5cmと小柄でとてもかわいいです。メダカは増えやすいので、過密状態にならない気を付けましょう。過密状態が続くと水質の悪化、酸欠、ストレスなどの原因になります。

小川ブラック、杉本ブラック、行田ブラックとは

改良した黒メダカの作者さんのつけた名前です。メダカの名前は交配に成功した人が自由に付けられるので、どんどん増えていきます。幹之(みゆき)メダカは、作者さんのお子さんの名前のようです。メダカブームでますますいろいろなメダカがでてきそうですね。

野生のメダカは、ミナミメダカとキタノメダカの2種類に分類

日本の野生メダカの2種類です。近畿大学の朝井俊亘さんらによる3年がかりの研究の結果判明しました。

日本のメダカ、実は2種類! 初の新種発見 農学研究科の朝井さん、3年越しの研究実る

北日本集団と南日本集団に分類され、それぞれキタノメダカ、ミナミメダカと和名が命名されました。(キタノメダカ、ミナミメダカの写真参照)

キタノメダカ オス

キタノメダカ メス

ミナミメダカ オス

ミナミメダカ メス

出典:神奈川県立生命の星・地球博物館

エアレーション ポンプとエアーストーン

メダカ専用ヒーター

23度の固定ヒーターなので、サーモコントローラーは不要です。

さいごに

黒メダカにもいろいろあることが分かりました。カラフルなメダカばかりではなく、真っ黒いメダカもいいですね!今回は野生のメダカに2種類あることも初めて知りました。みんな同じメダカだと思っていたので、ちょっと驚きでした。それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。この記事がお役に立てればうれしいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする