ディフェンドウォーターDW200,DW50,DW25~お得でおすすめなのは?

スポンサーリンク

ディフェンドウォーターにはDW200,DW50,DW25の3種類が用意されています。DW200は業務用で4Lたっぷり入っているので大量に使うにはよさそううです。DW50とDW25は110mlと小さな容器なので家庭用として用意されているようです。

ただ問題は、これらの違いが容器の大きさだけでない点です。ディフェンドウォーターは希釈して使用するのですが、これら3種類の原液濃度はそれぞれ違っているのです。

そのため実際には濃度と容量から、一番お得なものを選ぶのがおすすめです。

ここでは、ディフェンドウォーターが提示している6つの濃度レベルごとに作成できる希釈液の最大量と1L当たりのお値段を比較一覧にしたので参考にしてください。

ディフェンドウォーターのラインナップ

左からDW200、DW50、DW25です。(写真の大きさは実際の比率にはなっていません)

DW200は4Lの業務用、DW50とDW25は家庭用で110mlです。この中で一番お得なのはDW200になります。

希釈レベルの6段階、それぞれの用途

用途に応じてディフェンドウォーターは希釈して使用するのが前提になっています。ただし加湿器をレベル6,5,4で使用する場合はさらに2~4倍に希釈します。(黄色の網掛け)

最高濃度レベル6

各器具の強力除菌・抗菌、野菜除菌、加湿器、アロマディフューザー等

基本濃度レベル5

スプレー&拭き掃除、ハンド除菌、野菜除菌、加湿器、アロマディフューザー等

経済濃度レベル4

スプレー&拭き掃除、ハンド除菌、野菜除菌、加湿器、アロマディフューザー等

経済濃度レベル3

スプレー&拭き掃除、ハンド除菌、野菜除菌、タオル等の漬け置き除菌

経済濃度レベル2

野菜の浸漬除菌、タオル等の漬け置き除菌

経済濃度レベル1

野菜の浸漬除菌、タオル等の漬け置き除菌

DW200、DW50、DW25それぞれの最大希釈液量と1L当たりのお値段は?

DW200は容量が大きいので価格は高いですが、コスパは一番いいです。次にコスパがいいのはDW50です。DW200ほど量は必要ないという場合はDW50がおすめです。なお、DW25は割高なのでおすすめできません。

加湿器で使用する場合はレベル6,5,4で、濃度はさらにば2~4倍に薄めます。ここでは2倍にした時の希釈液量と1L当たりの単価を提示しています(黄色で網掛け)

最高濃度レベル6

DW200 DW50 DW25
希望小売価格 16065円 4998円 3468円
容量 4L 110ml 110ml
基準濃度水1Lに対する使用量 40cc 4cc 8cc
作れる最大希釈液量 100L 27.5L 13.75L
希釈液1L当たりの価格 160.65円/L 181.75円/L 252.22円/L
加湿器で使用する場合の最大希容量 200L 55L 25L
加湿器で使用するときの1L当たり価格 80.33円 90.87円 138.72円

基本濃度レベル5

DW200 DW50 DW25
希望小売価格 16065円 4998円 3468円
容量 4L 110ml 110ml
基準濃度水1Lに対する使用量 20cc 2cc 4cc
ml作れる最大希釈液量 200L 55L 27.5L
希釈液1L当たりの単価 80.33円/L 90.87円/L 126.11円/L
加湿器で使用する場合の最大希容量 400L 110L 50L
加湿器で使用するときの1L当たり価格 40.16円 45.44円 69.36円

経済濃度レベル4

DW200 DW50 DW25
希望小売価格 16065円 4998円 3468円
容量 4L 110ml 110ml
基準濃度水1Lに対する使用量 10cc 1cc 2cc
作れる最大希釈液量 400L 110L 55L
希釈液1L当たりの単価 40.16円 45.44円 63.05円
加湿器で使用する場合の最大希容量 800L 220L 110L
加湿器で使用するときの1L当たり価格 20.08円 22.72円 31.53円

経済濃度レベル3

DW200 DW50 DW25
希望小売価格 16065円 4998円 3468円
容量 4L 110ml 110ml
基準濃度水1Lに対する使用量 6.7cc 0.67cc 1.34cc
作れる最大希釈液量 597L 164.18L 82.09L
希釈液1L当たりの単価 26.91円 30.44円 42.25円

経済濃度レベル2

DW200 DW50 DW25
希望小売価格 16065円 4998円 3468円
容量 4L 110ml 110ml
基準濃度水1Lに対する使用量 5cc 0.5cc 1cc
作れる最大希釈液量 800L 220L 110L
希釈液1L当たりの単価 20.08円 22.72円 31.53円

経済濃度レベル1

DW200 DW50 DW25
希望小売価格 16065円 4998円 3468円
容量 4L 110ml 110ml
基準濃度水1Lに対する使用量 4cc 0.4cc 0.8cc
作れる最大希釈液量 1000L 275L 137.5L
希釈液1L当たりの単価 16.07円 18.17円 25.22円

どう選べばよい?

DW200,DW50、DW25のコスパは以上の通りですが、初めてディフェンドウォーターを使うのにいきなり4Lは多すぎるので、最初はDW50を使って良しあしを判断してからで良いと思います。

なお、使えなかった時のリスクを小さくしたいのであれば一番安価なDW25でまずは試してみてはいかがでしょうか?失敗だだとしても損失は多少抑えられます。

どこで買える?

大手の通販サイトで購入できます。

DW200

楽天でDW200をチェックする

アマゾンでDW200をチェックする

ヤフーショッピングでDW200をチェックする

DW50

楽天でDW50をチェックする

アマゾンでDW50をチェックする

ヤフーショッピングでDW50をチェックする

DW25

楽天でDW25をチェックする

アマゾンでDW25をチェックする

ヤフーショッピングでDW25をチェックする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする