クイジナート DLC-191JとDLC-192Jの違い 性能や外観、付属カッターなど~おすすめなのは?

スポンサーリンク

クイジナート DLC-191JとDLC-192Jはほとんど違いはありません。

性能は同じでミディアムシュレッターがDLC-192Jに追加さました。

外観的にはDLC-191Jは操作部が金属製でしたが、DLC-192Jはプラスチック製になりました。

あとは、全く同じなので購入時にはどちらにしようか迷うかもしれませんが、ここでは、DLC-192Jをおすすめしています。

DLC-192Jがおすすめの理由

① ミディアムシュレッターが追加されている

② 価格はミディアムシュレッターも考慮するとあまり変わらない

③ スペックは同じ

以上の3点です。

created by Rinker
Cuisinart (クイジナート)
¥19,800 (2022/04/08 18:06:42時点 Amazon調べ-詳細)

以下ではもう少し詳しく説明します。

クイジナート DLC-191JとDLC-192Jの違い

クイジナート DLC-191JとDLC-192Jの違いは下表の赤文字の部分です。

ミディアムシュレッダーを別途購入すれば、DLC-191JとDLC-191Jは外観を除いて同じになります。

DLC-191J DLC-192J
発売開始年 2015年 2018年
パネル 金属 プラスチック
メタルブレード FP-100TX13
ドゥブレード FP-749
2mmスライサー DLC-842TX
おろしカッター DLC-835TX
ミディアムシュレッダー(3mm) DLC-837TX x
ファインシュレッダー(1.5mm) DLC-834TX

その他の部品は下表のとおり同じです。

DLC-191J DLC-192J
ボールカバー DLC-117B
ワークボール FP-631A
プッシャースリーブ DLC-118B
小プッシャー DLC-120B
スパチュラ DLC-650
ディスクハンドル DLC-139
シンプルカバー DLC-116

① DLC-192Jにミディアムシュレッダー(3mm) DLC-837TXが追加

DLC-191JにはなかったミディアムシュレッダーがDLC-192Jに追加されました。

下図のミディアムシュレッターがDLC-192Jに追加されました。

 

ファインシュレダーは1.5mmより少し荒い3mmのシュレッターです。

② 価格はミディアムシュレッターを考慮するとあまり変わらない

DLC-191Jにミディアムシュレッターを追加すると2~3千円かかります。

結局のところ価格はあまり変わらなくなります。

イディアムシュレッターが必要ない場合は、価格の安い方を選べばいいと思います。

③ スペックも同等(ただしDLC-192Jに付属するカッター類が1つ増えています)

消費電力 300W
定格時間 10分
容量 1.9L
本体寸法 (幅)17.7×(奥行)24.8×(高さ)35cm
本体質量 約5.1kg
電源コードの長さ 約1.5m
回転数(無負荷時) 毎分1,500回(50Hz)、毎分1,800回(60Hz)
セット内容 [本体]モーターベースプレッシャースリーブ、ボールカバー、ワークボール、シンプルカバー
[ブレード]メタルブレード、ドゥブレード、2mmスライサー、おろしカッター、ファインシュレッダー、ミディアムシュレッター(DLC192Jのみ)
[その他]ディスクハンドル、小プレッシャー、スパチュラ
本体保証 ご購入日から1年間

DLC-191JtoDLC-192Jの違いはミディアムシュレッターが付属してるかどうかだけです。

おすすめは?

内容はほとんど変わりませんが、価格も大差ないのでミディアムシュレッターが付いてくるDLC-192Jがおすすめです。

created by Rinker
Cuisinart (クイジナート)
¥19,800 (2022/04/08 18:06:42時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました