次亜塩素酸水の噴霧には安価な超音波式加湿器で十分!~ランニングコストは?

スポンサーリンク

次亜塩素酸水の噴霧器として超音波式加湿器が人気です。従来の超音波式加湿器でも次亜塩素酸水対応して販売しているものもあります。

実際には耐塩素酸処理などはしていなくても20ppm~50ppm程度の濃度が薄い次亜塩素酸水であれば寿命が極端に短くなることはありません。

人気のパナソニックのジアイーノではたったの10ppmですから、あまり濃度は高くしなくてもよさそうです。

ただ、次亜塩素酸水の使用を認めていない場合は故障した場合の保証は難しいでしょう。もし初期不良が心配であれば最初に水道水で運転して品質を確認しておけばよいと思います。

ここでは、次亜塩素酸水の噴霧器として安くておすすめな超音波式加湿器をご紹介しています。超音波加湿器は消耗品と割り切って安ものを購入することをおすすめします。

人気の超音波式加湿器~安価な次亜塩素酸水の噴霧器として使用

商品の入れ替わりが激しいので、下記のリンクより各通販サイトの最新情報をチェックしてください。次亜塩素酸水の噴霧器として購入する場合は3000円前後の安価なものでも十分です。

楽天市場情報

楽天で人気の超音波式加湿器一覧

アマゾン情報

アマゾンで人気の超音波式加湿器一覧

ヤフーショッピング情報

ヤフーショッピングで人気の超音波式加湿器一覧

ランニングコストの比較~次亜塩素酸水の噴霧器として使用した場合

安価な超音波式加湿器を次亜塩素酸水の噴霧器として使用するので、噴霧器代は数千円の出費で済みます。

水に比べ次亜塩素酸水は高額です。そのためランニングコストとしては次亜塩素酸水の購入費を考えないといけません。

以下に水道代と次亜塩素酸水の価格を比較してみます。

水道水の料金の計算(東京都の場合)

条件として次のようにします。

  • 呼び径20mm(蛇口の太さ)
  • 一か月の使用量:30m3

1か月30m³の計算

基本料金

  • 呼び径が20ミリですので、1,170円です。

従量料金

  • 1~5m³@0円×5m³=0円
  • 6~10m³@22円×5m³=110円
  • 11~20m³@128円×10m³=1,280円
  • 21~30m³@163円×10m³=1,630円

小計 3,020円

合計:1,170+3,020=4,190円

よって、1m3あたり139.7円になります。1Lあたりにすると0.14円です。

次亜塩素酸水の価格

販売価格はまちまちで一概には言えませんが,

人気が高い、20Lで500ppmのZIAの場合で考えてみます。

販売価格:4,980円

  • 500ppm:249円/L
  • 50ppm:24.0円/L(10倍に薄めるの)
  • 20ppm:10円/L(25倍に薄寝るので)

次亜塩素酸水20ppmと水道料金を比較すると

  • 水道水:0.14円/L
  • 次亜塩素酸水(20ppm):10円/L

圧倒的に水道水は安いですね。加湿器として考えるときは水道代はほぼ無視してよかったのですが、次亜塩素酸水では無視できません。

卓上型の超音波加湿器の加湿量はおおよそ50ml/hぐらいです。1Lあれば20時間持つ計算です。

50ml/hの場合であればザックリと毎日10円程度、月に300円と考えればよいでしょう。加湿量が倍であれば単純に倍にして月600円になります。

20Lで500ppmの次亜塩素酸水で比べてみましたが意外と安上がりになりました。このぐらいで済むならお財布にも優しいですね。

例にした次亜塩素酸水はこちらです。(価格は変動します)

他の次亜塩素酸水情報

楽天市場情報

楽天で次亜塩素酸水を探す

アマゾン情報

アマゾンで次亜塩素酸水を探す

ヤフーショッピング情報

ヤフーショッピングで次亜塩素酸水を探す

次亜塩素酸水の有効性について

一般財団法人 機能水研究振興財団から次のようなレポートが公表されていますので参考にされてください。

http://www.fwf.or.jp/data_files/view/1707/

一部だけ抜粋すると

消毒には、消毒用アルコールと 0.1%次亜塩素酸ナトリウムの使用が薦められていますが、それらに優るとも劣らぬ殺菌活性を持ち、人体や環境に対する安全性が極めて高い次亜塩素酸水*(NaClや塩酸を電気分解して生成するもの)の活用は感染防御のため大いに役立つと判断・期待されます。

この様に次亜塩素酸水は役立つと言及しています。

この財団については、下記のHPから参照できます。

http://www.fwf.or.jp/about.html

財団の設立等については一部を抜粋しました。

平成5年4月1日設立・主務官庁 厚生労働省
平成26年4月1日移行・主務官庁 内閣府

財団法人機能水研究振興財団は、健康や衛生の保持・増進に寄与すると期待される電解水を中心に機能水を社会福祉の向上に役立てることを目的に、1993年(平成5年)に厚生大臣の認可を得て設立されました。
2014年(平成26年)に内閣府管轄の一般財団法人に移行しました。

機能水にかかわる業界団体が機能水の普及を目的に設立した財団です。

世の中には怪しい財団や協会、学会があります。財団だからと言ってうかつには信用できません。一定額以上の拠出金があれば目的に制限はなく、誰でも一般財団法人を設立することが可能だからです。

先の財団法人は大企業等も賛助会員として多数参加しているのである程度は信頼性もありそうです。

我が家で使用している超音波式加湿器

次亜塩素酸水の噴霧器として我が家でも2台の超音波式加湿器が活躍しています。3000円以下で購入した安物の超音波加湿器です。最初の一台目は1ヶ月経ちましたが順調です。2台目も同じく順調です。

詳しくは下記ページに記載していますのでよろしければご覧になってください。

我が家で使用している超音波式加湿器

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする