反射型石油ストーブ 継続燃焼時間が長い機種のまとめ

スポンサーリンク

反射型石油ストーブ継続燃焼時間の長い機種をまとめています。

継続燃焼時間が長いと、給油回数が少なくてすみます。

今回はコロナとトヨトミでまとめていますので、参考にしていただければと思います。

コロナ・トヨトミ 反射型石油ストーブの継続燃焼時間比較一覧表

・消費燃料、最小燃焼時間は暖房出力が最大時の値(取説より転載)です。

・最大燃焼時間は当ブログ計算による参考値です。メーカーは非公開なので問い合わせしないように願います。なお、燃焼効率は考慮していませんので、実際はこれらの値より小さくなると思われます。

・表の右の出力比率は、最大暖房出力と最小暖房出力の比率です。この値が小さいほど省エネになります。トヨトミのRC-W36M・HRC-W36Mでは60%ととても省エネな運転ができます。

畳数 メーカー 型番 タンク 消費燃料 燃焼継続時間(時間) 暖房出力 出力比率
L L/h 最小 最大 kW %
10 トヨトミ RC-W36M 4 0.35 11.4 19 3.60~2.16 60
10 トヨトミ HRC-W36M 4 0.35 11.4 19 3.60~2.16 60
10 コロナ SX-E3722Y 4 0.355 11 13.8 3.65~2.92 80
9 コロナ SX-E3522Y 5 0.337 15 21.4 3.47~2.42 70
8 コロナ SX-E2922WY 5 0.279 18 22.5 2.87~2.29 80
8 コロナ RX-2922WY 5 0.279 18 22.5 2.87~2.29 80
8 コロナ BX-2922WY 5 0.279 18 22.5 2.87~2.29 80
8 コロナ SX-E2922Y 4 0.279 14.5 19.3 2.87~2.15 75
8 コロナ SX-EA28Y 4 0.275 14.5 18.1 2.83~2.26 80
8 コロナ SX-2822Y 4 0.275 14.5 18.1 2.83~2.26 80
8 トヨトミ RS-W290 4 0.285 14 16.5 2.93~2.49 85
8 トヨトミ RS-W30M 4 0.292 13.7 17.1 3.01~2.41 80
8 トヨトミ RS-SEH2922 3.6 0.279 12.9 15.2 2.87~2.44 85
8 トヨトミ RS-FH290 3.6 0.279 12.9 15.2 2.87~2.44 85
8 トヨトミ RS-S29M 3.6 0.279 12.9 15.2 2.87~2.44 85
8 トヨトミ RS-H29M 3.6 0.279 12.9 15.2 2.87~2.44 85
7 コロナ SX-EA24Y 4 0.235 17 21.3 2.42~1.93 80
7 コロナ SX-2422Y 4 0.235 17 21.3 2.42~1.93 80
7 トヨトミ RC-S28M 3.6 0.267 13.5 22.5 2.75~1.65 60
6 コロナ RX-2222Y 3.7 0.218 17 17 2.24~2.24 100
6 コロナ BX-2222Y 3.7 0.218 17 17 2.24~2.24 100
6 トヨトミ RS-GE23 3.6 0.219 16.4 19.3 2.25~1.91 85
6 トヨトミ RSV-230 3.6 0.219 16.4 19.3 2.25~1.91 85
6 トヨトミ RS-G24M 3.6 0.228 15.8 18.6 2.35~2.00 85
6 トヨトミ RS-G30M 4 0.292 13.7 17.1 3.01~2.41 80

継続燃焼時間

灯油タンクを満タン状態にしたときの燃焼時間です。継続燃焼時間はタンク容量を燃料消費量で割れば求まります。

10畳タイプ 連続燃焼時間の長い機種

トヨトミのRC-W36M・HRC-W36Mが11.4時間、コロナはSX-E3722Yが11時間とあまり変わりません。

しかし、トヨトミのRC-W36M・HRC-W36Mは60%まで出力を下げられるため最大19時間(参考値)の連続燃焼が可能です。

コロナのSX-E3722Yの最小暖房出力は80%までです。トヨトミには及ばないまでも最小暖房出力時では最大13.8時間(参考値)の連続燃焼が可能です。

以上のことから、連続燃焼時間の長さで選ぶならトヨトミのRC-W36M・HRC-W36Mとなります。

RC-W36M

HRC-W36M

9畳タイプ 連続燃焼時間の長い機種

該当機種はコロナのSX-E3522Yだけです。最大暖房出力では15時間、最小暖房出力では最大21.4時間(参考値)の連続燃焼が可能です。10畳より長い連続燃焼時間が期待できます。

SX-E3522Y

8畳タイプ 連続燃焼時間の長い機種

一番機種が集中するのが8畳タイプです。ここでは、コロナのSX-E2922WY・RX-2922WY・BX-2922WYの連続燃焼時間が長いです。

最大暖房出力で18時間、最小暖房出力で22.5時間(参考値)です。

これら3機種の違いは、SX-E2922WYは放電による電子点火、RX-2922WY・BX-2922WYはヒーターによる点火という点です。

RX-2922WY・BX-2922WYは仕様は同じなので価格の安い方を選ぶと良いでしょう。

なお、電子点火は放電による点火なのでヒーター切れの心配がないことや着火しやすいなどのメリットがあります。トヨトミは電子式がほとんどですがコロナは電子式と従来のヒーター式が混在しています。どちらも乾電池の電圧が下がると着火しにくくなります。

マッチやチャッカマンなどを利用すれば、電池が必要な電子式やヒーター式にはこだわらなくても良いでしょう。長期停電に備えて乾電池に頼らずに着火できるように慣れておけば、いざという時に助かります。

SX-E2922WY

コロナ 反射式石油ストーブ SXシリーズ 木目 SX-E2922WY [木造8畳まで /コンクリート10畳まで /反射式] SXE2922WY

RX-2922WY

BX-2922WY

コロナ 石油ストーブ BXシリーズ BX-2922WY(M) 木目

7畳タイプ 連続燃焼時間の長い機種

こちらのタイプもコロナのSX-EA24Y・SX-2422Yがおすすめです。

最大暖房出力で17時間、最小暖房出力で21.3時間(参考値)です。

SX-EA24Yには黒色メッシュガード、電子点火(放電による点火)が搭載されていますが、SX-2422Yには黒色メッシュガードなし、電子点火ではなくヒーター点火です。

黒色メッシュガードは、通常のガードに比べより安全性が高くなっています。また見た目にも高級感があります。

価格で選ぶか、見た目で選ぶかです。

SX-EA24Y

SX-2422Y

6畳タイプ 連続燃焼時間の長い機種

コロナのRX-2222Y・BX-2222Yが17時間です。両者の違いはありません。

トヨトミのRS-GE23とRSV-230は最大暖房出力時で16.4時間、最小暖房出力時は19.3時間(参考値]です。

大差ないので、お好みで選ばれれば良いと思います。

RX-2222Y

BX-2222Y

コロナ 石油ストーブ BXシリーズ BX-2222Y(TM) ブラウンメタリック

RS-GE23

RSV-230

まとめ

コロナとトヨトミの反射型石油ストーブの連続燃焼時間の比較をしてみました。いずれの機種も調整範囲内で火力を下げれば継続燃焼時間を伸ばせます。

ただ、必要以上に火力を下げると不完全燃焼などの危険性がますので、必ず取説などに従って火力調整はしましょう。

以上、この記事がお役に立てば幸いです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました