ダイニチ加湿器HD-RX719とHD-RX720の違いと電気代~ヒーターレスも検討しては?

スポンサーリンク

ダイニチ加湿器 2019年製HD-RX719と2020年製HD-RX720の違いをお伝えします。また、電気代についてもヒーターレス加湿器と比べてお伝えしています。

最初にダイニチの形名について簡単にお伝えします。

① 製造年:数字の7の後ろ2桁が西暦下2桁です。

2019年 → HD-RX719

2020年 → HD-RX720

② 加湿能力:数字の7は加湿能力を表す数字です。

3 → 300ml/h

5 → 500ml/h

7 → 700ml/h

9 → 860ml/h

③ グレード

HD-LX***    → 最上位モデル

HD-RX*** → ミドルモデル

HD-***   → ベーシックモデル

今回はミドルクラスのRXの2019年製と2020年製の違いとなります。

ダイニチ 加湿器HD-RX719とHD-RX720の違い

HD-RX719 HD-RX720
おやすみ加湿運転

最小風量運転

・風量最小で加湿運転

約1時間後

静音運転

湿度50%で加湿

約9時間後

・自動停止

おやすみ快適運転

最小風量運転

・風量最小で加湿運転

約1時間後

静音運転

選んだ湿度で加湿

約9時間後

・自動停止

違いは上の通り50%で加湿する「おやすみ加湿運転」と、設定した湿度で加湿する「おやすみ快適運転」の違いです。ただ、実用上はほとんど気にする必要は無いでしょう。

お得なのは?

上記以外については違いはありませんので、HD-RX719とHD-RX720の価格の安い方を購入すればお得に購入できます。

ダイニチ ハイブリッド式加湿器(木造12畳まで/プレハブ洋室19畳まで クリスタルホワイト)DAINICHI HD-RX720-W
ダイニチ(Dainichi)
ダイニチ ハイブリッド式加湿器 プレミアムブラウン HD-RX720-T
ダイニチ(Dainichi)

HD-RX719とHD-RX720の電気代はどれくらい?

ろころでダイニチのHD-RX719とHD-RX720の電気代はどうなんでしょうか?乾燥シーズンは長時間運転するためできるだけ電気代は節約できるといいですね。

HD-RX719・HD-RX720の消費電力と電気代()内は60Hzでの値です

消費電力 加湿量 電気代
標準 290W 700ml/h 7.8円/h
静音/おやすみ加湿
静音/おやすみ快適
283W 600ml/h 7.6円/h
エコ(eco) 18(20W) 460ml/h 0.5円/h
のど・肌加湿 290W 700ml/h 7.8円/h
ターボ 310W 80ml/h 8.4円/h

ハイブリッド式なので湿度に応じてヒーターのON/OFFをしながら加湿を行います。ヒーターがONのときは毎時8円ほどの電気代がかかります。

一日のうち何時間ヒーターが入るかは地域や家の構造によりますが、少なくとも数時間はヒーターがONの状態になるでしょう。

例えば一日に5時間ヒーターがONになれば約40円の電気代になります。1ヶ月で1200円の出費です。

エコにすればヒーターは使いませんが、今度は加湿能力が足りません。ヒーターを入れないと必要な加湿量がえられないので仕方なくヒーターを使っているのです。

ヒーターを使わなければ気化式の加湿器は非常に電気代がかからない省エネな加湿器になります。

電気代が安上がりなパナソニックも検討してみる

実は、ダイニチではありませんがパナソニックの加湿器はヒーターレスを実現しています。

同じ適用床面積19畳のパナソニックのヒーターレス加湿器の電気代は0.3円/hです。一日24時間30日での電気代は216円です。6ヶ月で1300円程度です。ダイニチと比べるととても省エネですね。

ダイニチの加湿器は人気の加湿器ですが、電気代を考えた場合はパナソニックも検討もしてはいかがでしょうか。

パナソニックの加湿器は電気代を気にせず加湿できるので2台目、3台目と部屋ごとに設置してもお財布にとても優しいです。

まとめ

ダイニチ 加湿器HD-RX719とHD-RX720の違いはほんの僅かです。2020年製HD-RX720は湿度の設定が可能ですが2019年製HD-RX719は湿度50%に固定されます。どうしても湿度が50%ではだめという方は仕方ありませんが、多くの方はどちらでも良いのではないかと思います。以上のことから価格で選べば良いというのが今回の結論です。

ダイニチ ハイブリッド式加湿器(木造12畳まで/プレハブ洋室19畳まで クリスタルホワイト)DAINICHI HD-RX720-W
ダイニチ(Dainichi)
ダイニチ ハイブリッド式加湿器 プレミアムブラウン HD-RX720-T
ダイニチ(Dainichi)

また、電気代が安い加湿器という点ではヒーターレスのパナソニックがおすすめということをお伝えしました。メーカーにこだわらないのであれば、こちらも検討されてはいかがでしょうか?

パナソニックの加湿器はこちら

楽天市場パナソニックのヒーターレス加湿器を楽天でチェックする

アマゾンパナソニックのヒーターレス加湿器をアマゾンでチェックする

YAHOO!パナソニックの加湿器をヤフーショピングでチェックっする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする