アイリスPDH-1200TD1とKJCH-12TD3の違いは?JCH-12TD4とは?

アイリスPDH-1200TD1とKJCH-12TD3の違いは?JCH-12TD4とは?

スポンサーリンク

アイリスオーヤマのセラミックファンヒーターPDH-1200TD1とKJCH-12TD3やJCH-12TD4はよく似ています。

よく見るとパワー調整がPDH-1200TD1が2段に対しKJCH-12TD3とJCH-12TD4は3段になっています。

大きな違いはパワーの調整なので、より節電がしたい場合はKJCH-12TD3やJCH-12TD4です。

しかし、2021年現在KJCH-12TD3は新品入手が困難なのでJCH-12TD4を選ぶことになります。

パワー調整以外の違いについても以下にお伝えします。

PDH-1200TD1

KJCH-12TD3・JCH-12D4(JCH-12D4は木目なし)

アイリスPDH-1200TD1とKJCH-12TD3、JCH-12TD4の違いと比較

消費電力

消費電力はこちらのページを参照→ https://www.irisohyama.co.jp/l-airflow-cfheater/

PDH-1200TD1 KJCH-12TD3 JCH-12T4
パワフル1200W ターボ1200W
標準1200W 静音450W/500w(50/60Hz) 標準1000W
節電750W(600Wとの表記もあります) 節電750W 節電600W

どちらも同社の従来品JCH-12D2に比べ温風到達距離2.3倍、風速1.8倍、風量1.2倍にパワーアップしています。

暖房の目安

PDH-1200TD1
KJCH-12TD3・JCH-12T4
50Hz
木造住宅:約3畳
コンクリート住宅:約4.5畳
60Hz
木造住宅:約3畳
コンクリート住宅:約4畳

サイズ・重量・コード長

PDH-1200TD1 KJCH-12TD3・JCH-12T4
サイズ(cm)
幅 26.0
奥行13.5
高さ37.9
幅 26.0
奥行13.5
高さ37.9
重量
約2.5kg 約2.5kg
コード長
約1.8m 約1.8m

人感センサー

PDH-1200TD1 KJCH-12TD3・JCH-12T4
感知エリア
上下90° 上下90°
左右60° 左右60°
備考
 ともにONの状態で90秒以上感知しないと送風モードになり最長30秒で停止します。

JCH-12T4の人感センサーは自動オフまでの時間を90秒、5分、10分、さらに解除もボタン操作で設定できます。

違いのまとめ

一番の違いは出力段数です。

モード選択で出力を選べます。

  • PDH-1200TD1は標準1200W、節電750W(あるいは600W)の2段。
  • KJCH-12TD3はパワフル1200W、静音450W/500W(50/60Hz)、節電750Wの3段です。
  • JCH-12TD4はパワフル1200W、静音600W、節電750Wの3段です。

(下図参照)

KJCH-12TD3やJCH-T12D4では静音モードにするとかなりの省エネになりますね。

PDH-1200TD1の操作パネル

KJCH-12TD3の操作パネル

JCH-12TD4の操作パネル

そっくりなパネルです。KJCH-12TD3とJCH-12TD4にはパワフル、静音、節電の3つがありますが、PDH-1200TD1には標準と節電しかありません。

JCH-12TD4にはわかりやすく消費電力も表示されていて親切です。

人感センサーは自動オフまでの時間を90秒、5分、10分、さらに解除もボタン操作で設定できます。

次に通販価格情報をお伝えします。

アイリスPDH-1200TD1とKJCH-12TD3・JCH-12TD4の通販価格情報

価格は変動するので、下記リンクより最新情報をご確認ください。

なお、PDH-1200TD1の商品ページは消費電力が1000Wとなっていますが、1200Wが正しいです。

さいごに

アイリスPDH-1200TD1とKJCH-12TD3/JCH-TD4の違いは、出力モード選択でした。KJCH-12TD3とJCH-12T4は3段階、PDH-1200TD1は2段階です。

さらにJCH-12T4はセンサーのオフ時間の設定もできます。

カラーバリエーションも違います。

・PDH-1200TD1は5色

カラー:ホワイト・ピンク・ブルー・薄木目・濃木目

・KJCH-12TD3は4色

ホワイト・ピンク・ブルー・薄木目

・JCH-12TD4は3色

ホワイト・ピンク・ブルー

大事なお知らせ

アイリスオーヤマからリコールが出ています。2015年製のセラミックファンヒーターです。詳しくは、こちらから確認してください。

「セラミックファンヒーター」シリーズ 無償点検・修理・交換について

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする