シャープヘルシオホットクックKN-HW24EとKN-HW24Cの違い

スポンサーリンク

「好みの設定加熱」や「煮詰め」などの機能が2.4Lのヘルシオホットクックにも搭載されました。これらの機能はすでに1.6Lタイプのヘルシオホットクックにはすでに搭載されていたものです。

今回は新機能が搭載されたヘルシオホットクックKN-HW24Eと従来モデルKN-HW24Cとの違いについてお伝えします。

KN-HW24E 2019年モデル

KN-HW24C 2017年モデル

ヘルシオホットクックKN-HW24EとKN-HW24Cの違い

ボディーカラーはレッドとホワイト

KN-HW24Cのボディーカラーはレッドだけでした。2019年モデルKN-HW24Eではレッドとホワイトの2色になり選択の幅が広がりました。

KN-HW24Eならフタを開けたまま加熱ができる

従来のKN-HW24Cにはない機能です。KN-HW16D(2018年モデル)から搭載された1.6Lタイプだけの機能でした。

この機能はシャープの調査は手動メニューで一番多く使われていることが分かったそうです。

フタを開けて中を見ながら加熱できるので照りを出したい料理などには便利な機能です。

今回はこの機能を2.4LタイプKN-HW24Eに新たに搭載しました。2.4Lタイプもこれで今まで以上に使いやすくなると思います。

KN-HW24Eなら好みの設定加熱が可能

使い慣れた鍋のように「火加減」や「まぜかた」を選べる「好みの設定加熱」機能が新たに搭載されました。1.6LタイプのKN-HW16D(2018年モデル)にはすでに搭載されている機能ですが、今回は2.4Lタイプにも搭載されるようになりました。

手動調理の頻度が増えてくると、自分流の設定をしたくなりますが、「好みの設定加熱」では、それが可能になりました。

次の設定ができるようになり、自分にあった方法で調理ができます。これも便利ですね。

  • 3種類の火力調整:強火・中火・弱火
  • 4種類の混ぜ方:まぜない・たまにまぜる・よくまぜる・高速でまぜる
  • 時間設定:加熱時間を設定

KN-HW24Eは「ヘルシオデリ」の注文用QRコードを表示

本体の液晶画面に「ヘルシオデリ」の注文用QRコードが表示されるため、スマホなどで撮影することで簡単に注文できます。「ヘルシオデリ」をよく利用する方には便利な機能です。

おすすめは?

下記の2点ができるKN-HW24Eがやはりお勧めです。

  • フタを開けたまま加熱ができる
  • 好みの設定加熱が可能

ヘルシオホットクックを使い込んでくると必ず欲しくなる機能なので、これらの機能は外したくないですね。

4人家族までなら1.6lタイプのKN-HW16Dを検討してもいいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする