ペンタックス K70 アストロトレーサー~ ロワジャパンTC-2001でインターバルタイマーは?

スポンサーリンク

ペンタックス K70のアストロトレーサーはインターバルタイマー機能が使えないようなので、ロワジャパンのTC-2001を購入しました。

ロワジャパンのTC-2001はCANON RS-60E3とPENTAX CS-205対応で、K70には対応していません。

しかし、オーディオジャックのピンサイズを2.5mmから3.5mmに変換すれば使えそうです。

ペンタックス K70 アストロトレース~ ロワジャパンTC-2001でインターバルタイマーは?

ロワジャパンTC-2001はペンタックスCS-205の代わりに使えます。残念ながらK70に対応するのはCS-310です。

先日K70用互換リモートレリーズのご紹介をしましたが、このリモートレリーズは2.5mmの3極オーディオジャックに、2.5mmから3.5mmへの変換アダプターがてついています。

このアダプターを外して2.5mmジャックにして、CANONのEOSにつなぐと、ちゃんとシャッターが切れました。つまり、CANONのRS-60E3互換としても働くことがわかりました。

ロワジャパンTC-2001はCANONのRS-60E3互換なので2.5mmのオーディオジャックがついています。このコネクターを3.5mmに変換すればK70で使えるはずです。

このような2.5mmから3mmへの変換コネクターをTC-2001に装着します。

下の写真はロワジャパンTC-2001に2.5mmから3.5mm変換アダプターをつけてK70に接続したところです。

ここで、大事な点が一つあります。最初に買ったNinoLiteでは問題なかったのですが、TC-2001ではK70マイク端子の機能をケーブルスイッチに変えてあげないと動作が不安定になります。

設定は、メニューよりマイク端子設定を選んで行います。

オート、マイク、ケーブルスイッチからケーブルスイッチを選んびます。

この設定をすることで、無事にロワジャパンTC-2001がK70で使える様になりました。

ロワジャパンTC-2001の商品説明は以下のとおりです。

■設定時間間隔で撮影を行うインターバルタイマーの設定や、露光時間を指定した最長99時間まで露出が可能です。

■液晶LCD付き、撮影開始時間、撮影間隔、シャッター開放時間を1秒~99時間59分59秒までの間で1秒単位で設定可能です。

■撮影回数は1~399回または無限の設定ができます。

■長時間露出撮影用にシャッターボタンをロックする機能を備えています。

■シャッターボタンの半押しと全押しの遠隔操作可能です。

インターバル撮影するときの露出時間が1秒単位で設定できるのが便利です。K70のグリーンボタンでは1秒単位で設定できませんが、ロワジャパンTC-2001なら1秒単位で設定できます。

例えば星の写真を取るとき、露光時間が10秒では短けど20秒では長すぎるといったとき、ラワジャパンのTC-2001なら1秒刻みでせっていできるため使い勝手が良くなります。

ケーブルでぶら下がっているので邪魔ではありますが、露出時間が1秒単位で設定できるのは、星の写真を取る上では大変ありがたい機能です。

楽天市場楽天でTC-2001をチェック

アマゾンアマゾンでTC-2001をチェック

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする