シャープ過熱水蒸気オーブンRE-V100AとRE-F31Aの違いは?

スポンサーリンク

シャープの過熱水蒸気オーブンレンジRE-F31AはRE-V100Aの後継機種として発売されました。ここではRE-V100AとRE-F31Aの違いをお伝えします。

シャープ過熱水蒸気オーブンRE-V100AとRE-F31Aの違い

仕様に違いはあるのか?

RE-V100AとRE-F31Aのレンジ、グリル、オーブンなどの仕様は同じで以下の通りです。仕様には違いは見当たりませんでした。

電源 交流 100V 50-60Hz共用
レンジ 定格消費電力 1,460W
高周波出力 1,000W・600W・500W・200W相当
発信周波数 2.450MHz
グリル 定格消費電力 1,400W
オーブン 定格消費電力 1,400W
温度調整範囲 発酵(30・35・40・45°C)・110~250°C
外形寸法 幅490×奥行435×高さ390(mm)
庫内有効寸法 幅405×奥行315×高さ235(mm)
水タンク容量 約100ml
質量 約18Kg
 角皿 420mm×290mm
 電源コードの長さ  約1.4m
 電子レンジ機能の年間消費電力量  56.9kWh/年
 オーブン機能の年間消費電力量 13.4 kWh/年
 年間待機時消費電力量 0.0kWh/年
年間消費電力量 70.3kWh/年

メニュー表示の違い

オーブンレンジの前面に表示されているメニューはずいぶん違っています。表示項目が大幅に増えてRE-F31Aはごちゃごちゃした感じがします。具体的な調理名が書かれているので便利かもしれません。

RE-V100A(文字が小さくなるので折り返して表示)

  • レシピ数:121
  • 自動メニュー数:116

RE-F31A(文字が小さくなるので折り返して表示)

  • レシピ数:135
  • 自動メニュー数:120

外観の違い

RE-V100Aはブラックとホワイトの2色だったのが、RE-F31Aではホワイトのみになりました。ブラックが欲しい方はRE-V100Aを選べばよいと思います。

RE-V100A(ブラック) *ホワイトもあり

RE-F31A(ホワイト)*ブラックはなし

RE-V100AとRE-F31Aの違いは、仕様上もメニューもあまり違いはありません。1年たてばまた新しタイプが出てくるので、RE-F31Aにこだわるより価格が落ちているE-V100Aを検討してもよさそうです。

created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥42,800 (2019/08/22 07:42:43時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥39,980 (2019/08/22 07:42:44時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする