モダンデコ SUNRIZE 布団乾燥機の特長は~メリット、デメリットなど

スポンサーリンク

モダンデコ SUNRIZEの布団乾燥機は今までにはなかったオシャレなデザインをしています。布団乾燥には靴乾燥モードや、衣類乾燥モードもあります。今回は,このモダンデコSUNRIZE布団乾燥機の特長をメリット、デメリットも合わせてお伝えします。

モダンデコ SUNRIZE 布団乾燥機の特長

デザイン家電としてオシャレでかわいい~使い終わってもしまいたくないデザイン

このようなデザインの布団乾燥機はモダンデコが初めてではないでしょうか。まん丸でオシャレな家電です。このようなかわいらしいデザインなので出しっぱなしにしておきたいですね。

色は、ホワイトとブラックの2色です。ブラックもキュートな感じです。サイズは縦横30cmぐらいで、奥行きが16cmとコンパクトです。これを見た人は布団乾燥機とは思わいでしょうね。

これは何だろうと思ってしまいそうなデザインですね。オブジェとしても面白いです。

デザイン家電のメリットは、出しっぱなしにできることかもしれませんね。

マットなしで手軽に使える

乾燥させるたびにマットを出すのは面倒で次第に布団乾燥機を使わなくなってしまう様です。マットなしなら、ただホースを差し込むだけなので手間がかかりません。このモダンデコの布団乾燥機もマットなしで手間いらずなところがメリットです。

ダブルサイズ対応

布団サイズはダブルまで対応しているので家中の布団に使えます。

立体ノズル

先端部分の突起が布団を持ち上げ隙間を作り奥まで温風が届きます。現在市販されている布団乾燥機はどれも同じような工夫をして温風が布団の奥まで届くようになっています。

衣類乾燥モード

ノズルを洗濯物に向けて温風で乾燥させる衣類乾燥モードがあります。洗濯物の量が少なければ程度は乾燥しますが、たくさんあるときは除湿機やサーキュレーターと併用しないと乾きが悪いでしょう。

衣類乾燥時はサーキュレーターを一緒に使うことをお勧めします。より早く乾燥すると思います。

また、余談ですが湿度が非常に高い場合はいくら温風を当てても、サーキュレーターを回しても洗濯物の乾きは悪いです。エアコンか除湿機で湿度を下げましょう。

靴乾燥モード

靴乾燥モードはとても便利です。濡れた靴もホースで温風を送り込めば短時間で乾燥します。ただし、温風が60°Cなので革靴や合成革靴、ビニール製の靴などの時は、温風ではなく送風で乾燥させる必要があります。

靴乾燥の専用機は右左の靴を一度で乾燥できますが、モダンデコでは右左それぞれを乾燥させるため手間がかかります。

大人数家族の場合は靴乾燥専用機の方が便利ですが少人数なら大丈夫ですね。ノズルの先を2つに分けるアタッチメントがあればいいのにと思います。

モダンデコの布団乾燥機はオシャレなだけでなく衣類乾燥モードや靴乾燥モードなど便利な機能が付いた実用性も高い布団乾燥機です。

本格的な衣類乾燥機や靴乾乾燥機には及びませんが、ちょっとした洗濯物の乾かしや靴の乾燥なら十分可能です。

一番のメリットは、デザインです。オシャレで可愛いのでしまわなくてもオブジェとして楽しめます。性能や機能にとことんこだわらないのであれば、モダンデコの布団乾燥機はとてもおすすめです。

メリットとデメリットは

メリットは布団乾燥モードのほかに衣類乾燥モード、靴乾燥モードがあることです。1台あれば多くの場面で便利に使えます。

また、デザイン家電でとてもオシャレな布団乾燥域なので使っていて楽しい、また使い終わっても、おしゃれなので出しっぱなしにできるのもメリットです。

この布団乾燥機を使う上でデメリットな点は特に感じられません。しいて言えば、いつも出しっぱなしになってしまうことぐらいでしょうか。

仕様

電源…AC100V(50/60㎐共用)
消費電力…540W
安全装置…温度センサー、サーモスタット、温度ヒューズ
送風モード…送風、高温(約70℃)、低温(約50℃)
運転モード…靴乾燥、衣類乾燥、ダニ退治
OFFタイマー…30、60、90、120、150、180分

created by Rinker
モダンデコ
¥9,980 (2019/08/22 18:11:39時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする