縦横ローテーション電気ストーブ アラジンとコロナの違いは?

スポンサーリンク

同じような縦横ローテーション機能が付いたアラジンとコロナの電気ストーブの違いについてお伝えします。

アラジン

コロナ

今回お伝えする電機ストーブは次の機種です。

アラジン

  • CAH-2G10A
  • AEH-2G10N

コロナ

  • DH-1219R
  • AH-129R
  • CH-129R

コロナは販売ルートによって型番を変えています。外観や仕様など少し違っていますが、基本仕様は同じです。

縦横ローテーション電気ストーブ アラジンとコロナの違いは?

ヒーターの違い

アラジンのグラファイトヒーターは0.2秒の高速立ち上がりが特長

アラジンの特長は「グラファイトヒーター」を使用していることです。グラファイトヒーターはカーボンヒーターより効率が20%も高く、約0.2秒で発熱する即断性に優れたヒーターです。

コロナのコアヒートは人体に吸収されやすい遠赤外線を放射するのが特長

一方のコロナは「コアヒートとよばれるヒーターを搭載しています。コアヒートというのは、ステンレスヒーター管をブラックセラミックでコーティングしたヒーターです。人体に最も吸収されやすい3~20ミクロンの遠赤外線を放射するのが特徴です。

縦横ロータリーの違い

縦横ロータリーは同じです。コロナはさらに仰角が上向き32度、下向き5度調整できます。

アラジンのロータリー

コロナのロータリー

首振り角度の違い

アラジン:約120度

コロナ:約70度(左・中央・右)

ゆらぎ運転・エコ運転

アラジン

ゆらぎ運転機能はありません。エコ運転では、省エネセンサー(人感センサー)で、人がいないときに省エネ運転をします。

コロナ

ゆらぎ運転は体感温度を考えて定期的にパワーをセーブ。エコ運転は人がいないことを人感センサーで検知して省エネ運転を行います。電気代を節約したい場合は有効ですが、パワーは落ちます。

安全装置

アラジンには赤外線センサーでカーテンなどの接触を感知して火災にならないようヒーターをオフにする機能です。

アラジン

  • 防災対応型 二重安全転倒OFFスイッチ(光センサー式)
  • 赤外線センサー(シャットオフセンサー)

コロナ

  • 転倒オフスイッチ
  • 温度過昇防止器(サーミスタ)

タイマー機能

アラジン:30分毎最大8時間の切りタイマー

コロナ:0.5時間、1時間、2時間、3時間の切りタイマー

パワー

わずかですがコロナの方が最大パワーが大きいですが、ほぼ同じです。

  • アラジン:1000W
  • コロナ:通常運転 1150W~330W、ゆらぎ運転 820W~200W

細かな違いはほかにもありいますが、とりあえず主な違いは以上です。優劣はつけがたいですね。

しかし暖房機による火災の中では電気ストーブによる火災が一番多く発生していることを考えると、シャットオフセンサーが付いたアラジンの方が安心だという感じがします。

万一カーテンやひざ掛けなどが電気ストーブに接触してもアラジンならシャットオフセンサーでヒーターが停止しします。完全ではないもののより安全性を求めるならアラジンを検討してはいかがかと思います。

created by Rinker
コロナ(Corona)
¥24,500 (2019/10/24 03:07:01時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする