EOS Kiss X50のLP-E10互換バッテリーが膨らんできた~7年目でそろそろ寿命?

スポンサーリンク

2014年に購入したキャノンEOS KIssX50用の互換バッテリーが膨らんできました。そろそろ寿命のようです。

互換バッテリーの使用は7年目~長持ちしています

カメラは2011年購入で、純正バッテリーLPーE10は、全く膨らんでいません。純正のほうが使用頻度は高k,かつ使用期間も3年ほど長いです。

純正バッテリーと比べ、価格がずっと安い互換バッテリー、1年も持ってくれればと思っていたら、もう7年も頑張ってくれました。

アマゾンで購入した価格は780円と純正品バッテリーの1/5ほどです。7年も使えたのは本当に驚きです。当たり外れの多い互換バッテリーですが、今回のはあたりだったようです。

互換バッテリーはROWA・JAPANという会社からです。互換バッテリーではわりと名前の知れた会社さんです。

互換バッテリーがとうとう膨らんできた

表面が少し丸くなってきました。

写真では、わかりにくいので平らな面に置いて回転させてみました。指でちょっと弾くとくるくると回転するので、膨らんでいるのがよくわかります。

純正バッテリーは全然膨らんでいない

純正バッテリーLP-E10は、全く膨らんでいません。写真では、よくわかりませんが、互換品のように平らな面に置いて、指で弾いても全く回転はしませんでした。

やはり、純正品は高いだけあって、品質はいいですね。もう10年も経過しています。本当に驚きです。

左が純正、右は互換バッテリーです。

膨らんだバッテリーを使い続けるのは危険?

ロワの互換バッテリーは膨らんでは来たものの、まだちゃんと充電できカメラに装着しても普通に使用できます。

いろいろ調べて見ると、スマホのリチウム電池も同様に膨らむ事があるようです。これは、不良ではなくバッテリーの寿命が近づいたという合図だそうです。

以下は、docomoの電池の膨らみについてからの引用です。

電池は消耗品です。充放電を繰り返すことで性能が徐々に劣化し、場合によっては電池が膨らむことがあります。十分に充電しても使用時間が極端に短くなったときや、電池が膨らんでいる場合は電池の交換時期です。電池の寿命が近づいておりますので、お早目にドコモショップなどにご相談ください。

ロワの互換バッテリーは、もうすぐ使えなくなるということですね。今度は純正バッテリーを購入しよう思います。それにしても7年もよく持ってくれてありがとうと言いたいです。

created by Rinker
キヤノン
¥3,280 (2021/08/03 20:30:31時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする