コロナRX-22YA、RX-2218Y、RX-2219Yの違いは?

スポンサーリンク

大分前に、”コロナRX-22YA、RX-2217Y、RX-2218Yの違いは?”というタイトルでお伝えしていますが、今回は2019年モデルRX-2219が登場したので、再度似たような内容になりますが、これらの型番の違いをお伝えします。

コロナRX-22YA、RX-2218Y、RX-2219Yの違いは?

RX-22YA、RX-2218Y、RX-2219Yは、どれも中身は同じ

結論、コロナRX-22YA、RX-2218Y、RX-2219Yの違いは何もありません。型番は違いますが中身は全く同じです。

製造時期はRX-2219Yが2019年、RX-2218Yは2018年、RX-22YAは2017年あるいは2018年といったところです。

メーカー保証は同じなので、どれを買っても同じですが、気持ち的には2019年モデルが新しくていいですね。

RXシリーズの型番

以前もお伝えしましたが、コロナのRXシリーズの型番は次の通りです。

RX-■□□○○●Y

■:電子点火のありなしをEで表しています。ありの場合にEがはいる

□□:2桁数字が入ります。適用面積を表す

畳 □□
6 22
7 24
8 28,29
9 35
10 37
○○:2桁数字が入ります。製造西暦年の下2桁。2019年だと19

●:はワイドタイプの場合にWが入る。ワイドでないときは何もなし

RX-2218Y:22は6畳、18は2018年

RX-2219Y:22は6畳、19は2019年

という意味になります。

以上が通常の型式の付け方です。

RX-22YAというのは、ちょっと特殊です。

「18Y」や「19Y」の代わりに「A」が付いています。この「A」の意味は、この機種が最新モデルではないことを表しています。

2019年モデルが最新モデルの場合、[YA」が付いたモデルは「2018年」「2017年」モデル、すなわち1年ないしは2年前の機種であることを表しています。

ただ、冒頭でお伝えした通り、製造年が古いというだけで中身は全く同じものです。

同じ製品なのに毎年複数の型番で販売するのは?

●季節ごとの販売予測が外れると「YA」付きが翌シーズンにたくさん出回る

石油ストーブは季節商品なので生産台数と販売台数は必ずしも一致しません。寒い年はたくさん売れ、暖かい冬はあまり売れないかもしれません。

予想が外れて生産台数が多すぎた場合は、2018年に製造品は型番を「YA」にして販売しているのだと思われます。中身は全く同じなので、そのようにしなければもったいないし、販売コストも上がってしまうからです。

2018年のRX-2218Yで販売すると古い型番だということで敬遠されてしまうのを少しでも防ごうと製造年の分からないRX-22YAとしているのでしょう。

●2018年モデルのRX-2218Yも販売されているのは?

販売店によっては「2018年」の売れ残り在庫もあります。これらは型番を書き変えられないので、そのまま「2018年」モデルとして販売されています。値段も少し下げていることが多いいです。

以上の事情があるので、毎年のように複数の同じRXシリーズが現れることになります。

●本当にリニューアルしていないので型番を毎年変えるのは?

毎年、新しい型番をつけるのをやめれば済む話ですが、多くの家電は内容が同じでもシーズンごとに変えることが多いですね。

例えばスマホやカメラなどは、ほんとにバージョンが上がった時に型番を変えるので非常にわかりやすいのですが、家電は中身が同じでも型番だけは毎年変わって混乱します。

しかし、実は[YA」付きは価格が安いというお得感があります。「RX-2219Y]は高いけど「RX-22YA」はお買い得といった感じです。想像ですが「YA」付きで採算がとれるようになっているのでしょうね。

シャープの季節商品と同じです。シャープの新製品は高くて型落ちは安いので、型落ちがガンガン売れます。それで採算がとれているのでしょう。

コロナもこれと結局同じ販売戦略を取っているように思います。

価格競争が激しい家電ならではの販売戦略だと思っていますが、本当のところはわかりません。

購入は「YA」付きを買うのがお得

話を戻して、コロナのRXシリーズのRX-22YA,RX-2218Y,RX-2219Yは型番は違っていてもn中身は同じです。

購入に際しては、最新が欲しい場合はRX-2219Yを選べばよいです。そうすれば新しいものが入手できるでしょう。

しかし、価格はつぎの様な順番で通常ですと高くなります(必ずしもそうでない場合もありますが)

RX-2219Y>RX-2218Y>RX-22YA

一番お得なのは「YA」付きですね。型落ちといっても、違うのは製造年だけで中身は全く同じなので正確には型落ちとは言えません。

安心して「YA」付きを選んでください。もちろん価格がRX-2219Yの方が安ければRX-2219Yを選んでくださいね。

RX-2218Yが一番安かったらどうしましょうか?気持ちの問題ですが、明らかに1年前の商品ということで抵抗ありますね。その抵抗に打ち勝つほど安ければ買いましょう!

created by Rinker
コロナ(Corona)
¥8,600 (2019/11/11 21:33:48時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
コロナ(Corona)
¥8,880 (2019/11/11 21:33:49時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
コロナ(Corona)
¥11,400 (2019/11/11 21:33:50時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする