パナソニックSR-MP300と象印EL-MB30の違い~予約調理は?

スポンサーリンク

パナソニックSR-MP300と象印EL-MB30の違いのまとめです。SR-MP300の調理容量2L、EL-MB30は最大調理容量は1.5Lです。

パナソニックSR-MP300のほうが少し調理容量は大きいのですが、象印のEL-MB30には予約調理数は多くあります。

いずれも小家族向けの電気圧力なべです。購入時にはどちらにしようか迷いそうですね。

パナソニックSR-MP300と象印EL-MB30の違い~予約調理は?

予約調理

パナソニックSR-MP300、象印EL-MB30はともに予約調理ができます。それぞれの予約調理の内容の違いは次のとおりです。

予約調理時間と保温

SR-MP300 EL-MB30
3~12時間

調理後は保温になる

最大12時間(最小はメニューによって異なるが、およその目安は3~4時間程度)

調理後は保温になる

予約調理できるメニュー

SR-MP300の予約できるメニュー番号数は5(レシピ集の調理メニューは8)に対し、象印はメニュー番号数20、レシピ集の料理メニュー51です。予約できる調理メニュー数で選ぶなら象印EL-MB30ですね。

(メニュー番号には複数の料理メニューが対応するので、数が異なります)

SR-MP300 EL-MB30
メニュー番号数 5

予約可能料理メニュー数 8

メニュー番号数 20

予約可能料理メニュー数 50

レシピ集の料理メニュー内容

()内はメニュー番号パナソニックのみ記載

  1. スタンダードカレー(1)
  2. チーズ・バターチキンカレー(1)
  3. 肉じゃが(2)
  4. 豚の角煮(3)
  5. シーフードトマトスープ(4)
  6. ミネストローネ(4)
  7. たけのこ入り玄米ごはん(5)
  8. あずき入り玄米ごはん(5)
  1. もつの煮込み
  2. ビーフカレー
  3. ドライカレー
  4. ミートソース
  5. ボルシチ
  6. 肉じゃが
  7. 牛すじの煮込み
  8. ビーフシチュー
  9. 豚の角煮
  10. 醤肉(ジャンロウ)
  11. ポトフ
  12. スペアリブの柔らか煮
  13. 鶏ひき肉と野菜の信田煮
  14. クリームシチュー
  15. しっとりゆで鶏
  16. グリーンカレー
  17. バターチキンカレー
  18. 煮込みタンドリーチキン
  19. いか飯
  20. たこの柔らか煮
  21. サーモンの昆布巻き
  22. 鯛のあら炊き
  23. ぶり大根
  24. いわしのしょうが煮
  25. さんまの甘露煮
  26. ロールキャベツ
  27. 玉こんにゃく
  28. おでん
  29. ふろふき大根
  30. 3種の野菜のキーマカレー
  31. 筑前煮
  32. かぼちゃの煮物
  33. しょうがとにんじんの 煮付け
  34. ラタトゥイユ
  35. フェジョアーダ
  36. 五目豆
  37. 厚揚げの煮
  38. 大豆と鶏手羽先の煮物
  39. 昆布巻き
  40. ポークビーンズ
  41. ひじきの煮物
  42. サムゲタン風スープ
  43. 鶏肉のかす汁
  44. ミネストローネ
  45. しょうが入り根菜ごろごろスープ
  46. 中華風コーンスープ
  47. かぼちゃのスープ
  48. けんちん汁
  49. 白米
  50. 玄米

自動調理数(全レシピ数)/自動メニュー番号数

SR-MP300 EL-MB30
9(80)

自動メニュー番号数:7

150(150)

自動メニュー番号数:65

パナソニックのSR-MP300は手動調理がメインの電気圧力なべです。

象印のEL-MB30は「自動圧力IHなべ」という名前の通りレシピはすべて自動メニュー対応になっています。もちろん手動でも調理できます。

メニューの対応

SR-MP300 EL-MB30
圧力調理 一定圧力
可変圧力
煮込み 温度調理
低温調理
無水調理 無水調理
予約 予約
保温 保温
手動調理 手動調理

調理メニューの種類は呼び方は違っていても内容は近いものです。

スペック比較

SR-MP300 EL-MB30
消費電力 700W 1200W
加熱方式 ヒーター 圧力IH方式
満水容量 3.0L 明記なし(2.25L)
調理容量 2.0L 1.5L
炊飯容量 白米 0.36~0.9L 0.18~0.54L
炊飯容量 玄米 0.36~0.72L 0.18~0.54L
炊飯容量 豆料理 明記なし 1.0L
圧力 70kPa(ゲージ圧、115℃)

(1.7気圧)

1.2気圧
コード長 1.9m マグネットプラグ
外形寸法 29.2×27.8×27.0mm 29×37.5x25cm
質量 約3.6kg 約7kg
なべ フッ素加工 ステンレス

圧力はSR-MP300のほうが1.7気圧、EL-MB30が1.2気圧です。圧力調理の時間はパナソニックのほうが速くできます。手動調理などで時短をしたい方はパナソニックがおすすめです。じっくりと美味しい料理をつるなら象印が良いかもしれません。

おすすめは?

予約調理や自動調理をメインに考えるのであれば象印のEL-MB30がおすすめです。

手動調理で時短を考えるのであればパナソニックのSR-MP300がおすすめです。

ただ商品として見ると象印のEL-MB30はIHを採用して熱ムラが少なく総合的な性能はパナソニックを上回っていると個人的には思います。

価格もわずかに象印のほうが高いですが、豊富な自動メニュー、多くの料理に対応した予約調理など魅力的ではあります。圧力なべが初めての方には象印をおすすめします。

シャープのヘルシオクックは高すぎるという方も象印のEL-MB30は検討して見る価値があると思います。

パナソニックSR-MP300の通販情報

楽天でパナソニックSR-MP300をチェック

アマゾンでパナソニックSR-MP300をチェック

ヤフーショッピングでパナソニックSR-300をチェク

象印EL-MB30の通販情報

楽天で象印EL-MB30をチェック

アマゾンで象印EL-MB30をチェック

ヤフーショッピングで象印EL-MB30をチェク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする