タイガー SKU-A100,パナソニック MK-K48Pの違い~おすすめの選び方は?

スポンサーリンク

タイガー SKU-A100,パナソニック MK-K48Pの大きな違いは動作音です。フードプロセッサーの騒音は機種によっても違うので一概には言えませんが、ミキサーなどと同様にうるさいと感じるレベルです。

運転音の違い

タイガー SKU-A100の動作音はメーカーの公表値で約60dBとフードプロセッサーの中ではトップレベルの静かさです。

一方のパナソニック MK-K48Pの動作音は公開されていませんが80dB程度はあるようです。管理人のMK-K81の騒音も相当大きいので間違えないと思います。

機能面では大きな違いはなし

肝心のフードプロセッサーとしてできることは次のようになります。(泡立てはタイガーはできますが、パナソニックはできません。)

タイガー SKU-A100

  • チョッパーカッター(きざむ・つぶす・泡立てる・まぜる)
  • おろしカッター(おろす)

パナソニック MK-K48P

  • ナイフカッター(刻む・する・混ぜる)
  • おろし・とろろかたー(おろす)
  • パンの羽根(こねる)やスライス・せん切りカッター(スライス・せん切り)はオプションであとから購入可

なお、パナソニックMK-K48Pの別売パーツは割高なので、買う可能性があるなら最初から上位の機種を選ぶことをおすすめします。(MK-K82、MK-K62、MK-K81、MK-K61など)

以上のことから、おすすめの選び方として次のようにしてはいかがでしょうか?

標準ではどちらも同じことができるので、騒音と価格のバランスで選ぶのがベスト。なお、実勢価格はアマゾンなどで見るとタイガーはパナソニックの2倍ほどです。

●コストはかけても動作音はできるだけ小さくしたい

タイガー SKU-A100

●騒音は気にしないので価格が安い方が良い

パナソニック MK-K48P

created by Rinker
¥6,036 (2022/05/20 08:24:38時点 楽天市場調べ-詳細)

以下では、もう少し違いについて詳しくお伝えします。

運転音の違いは?

運転音について、タイガーの商品説明ページは下図のような説明があります。

運転音を低減を実現した4つのポイントは次の通りです。

  • カップが樹脂製(トライタン)
  • 防振ゴム
  • ブラシレスモーター
  • ダイレクト駆動

トライタンはガラスのような透明感のある合成樹脂です。とても丈夫で落としても割れる心配がありません。また、耐熱100℃で食洗機でも洗えます。

次の防振ゴムは名前の通り振動を吸収し揺れを抑える働いをします。モーター自身の振動を抑え、さらに振動によってテーブルなどから発生する音を抑える2段構えです。

そして、モーター自身も音を抑えるためブラシレスモーターを使用しています。

モーターの回転は直接フードプロセッサーの回転軸に伝えるダイレクト構造です。

最後のダイレクト駆動は、モーターの回転を直接カッター類の回転に伝える方式です。パナソニックなど他の多くのフードプロセッサーではベルトを使ってモーターの回転をカッターなどの回転軸に伝えているので騒音がより大きくなります。

洗濯機でもダイレクト駆動を採用して騒音を減らしているものもありますね。

以上のように、タイガーのSKU-A100は、静音性に特化したフードプロセッサーです。ただ、その分価格は高くなりますが、できるだけ音を小さくしたい方には間違えなくおすすめです。

一方のパナソニックMK-K48Pでは静音対策はほぼないので80dB程度の大きな音がします。(80dBは地下鉄の車内に例えられます)

深夜や早朝に使用すると近隣騒音で苦情が来ないとも限りません。特にマンションなどでは深夜での使用は避けた方が良いでしょう。

カッター類の違いは?

どちらも同じタイプのカッターが2種類が付属しています。そのためどちらもできることは同じと考えてよいと思います。(泡立てるはタイガーだけ)

タイガー SKU-A100のカッター

チョッパーカッター(きざむ・つぶす・泡立てる・まぜる)

おろしカッター(おろす)

 

 

パンソニック MK-K48Pのカッター

ナイフカッター(刻む・する・混ぜる)

おろし・とろろかたー(おろす)

※パンの羽根(こねる)やスライス・せん切りカッター(スライス・せん切り)はオプションであとから購入できます

※タイガーでは泡立てができますが、パナソニックでは泡立ては記載されていません。

洗浄の違いは?

タイガー SKU-A100:食洗機を使って、容器やふたを洗えます。カッター類は手洗い。

パナソニックはすべて手洗いです。ガラス容器も食洗機で洗ってよいとは説明書にありません。

最新のMK-K32なら本体以外は食洗機で洗えるので検討してもいいかもしれません。ただし値段はタイガー並みになります。

おすすめの選び方は?

冒頭でお伝えした通り下記の様に選ぶのがおすすめです。

標準ではどちらも同じことができるので、騒音と価格のバランスで選ぶのがベストです。なお、実勢価格はアマゾンなどで見るとタイガーはパナソニックの2倍ぐらいしています。

●コストはかけても動作音はできるだけ小さくしたい

タイガー SKU-A100

●騒音は気にしないので価格が安い方が良い

パナソニック MK-K48P

created by Rinker
¥6,036 (2022/05/20 08:24:38時点 楽天市場調べ-詳細)
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました