IYM-012とYGT-4 楽天 口コミ比較~人気でおすすめは?

アイリスオーヤマのIYM-012と三ツ谷電機のYGT-4は性能がとてもよく似ています。発酵温度も設定時間も同じで牛乳パックが使えるところも同じです。しかしながらYGT-4のほうがお値段は高いですね。どうやら高くなってしまう理由がありそうです。

そのことは本文でご説明します。付属品はアイリスは800ml容器と水切りカップ、スプーン他、一方の三ツ谷電機は1000ml容器とメジャーカップ、スプーン他と若干違いがあります。どちらにしようか購入を考えると迷ってしまいそうです。

今回は楽天での口コミ比較から人気でおすすめなのはどちらなのか調べてみました。よろしければ購入時の参考にしてくださいね。

楽天人気ヨーグルトランキングはこちらからチェックできます
↓ ↓ ↓
Check!! 【楽天】人気ヨーグルトメーカーランキング

アイリスオーヤマのIYM-012と三ツ谷電機YGT-4の口コミ比較

アイリスオーヤマ IYM-012と三ツ谷電機 YGT-4の仕様はとても良く似ています。確認も兼ねて一覧表にしてみました。

IYM-012とYGT-4の仕様比較表

IYM-012 YGT-4
牛乳パック 1Lまで 1Lまで
設定温度 25~65°C 25~65℃
温度刻み 1°C 1°C
設定時間 1~48時間 1~48時間
時間刻み 1時間 1時間
消費電力 30W 30W
サイズ
147mm 130mm
奥行 147mm 135mm
高さ 280mm 280mm
重さ 0.76kg 0.64kg
容器容量 800ml 1000ml
電源コード 1.3m 1.3m
付属品 水切りカップ
計量スプーン
牛乳パック用ふた
専用スプーン
容器
メジャーカップ

ヨーグルトメーカーの高さは同じですが、アイリスオーヤマのIYM-012のほうが幅と奥行きが少しだけ大きいですね。電源コードの長さはともに1.3mですがすこし短い気がします。

どちら原産国は中国ですが、いまどき中国で生産していない家電などはあまり見かけなくなりました。

初期不良の口コミ

IYM-012

  • とても気にっているが、付属の容器のふたが閉まらなくて不良の様だ。タッパウェアに代えて使っている。
  • 設定時間が終了しても不良なのかランプが消えない。ちゃんとはできているで気にしなくていいのか?ということで☆3個。
  • 初期不良でデジタル表示せず。メーカーに直接連絡したが丁寧な対応だった。代替品が届き不良品は業者引き取り。
  • コンセントに刺しても電気がつかなくなったが、ショップに連絡したらすぐに新品を送ってくれた。毎日使うのでとても助かった。

YGT-4

  • 2回目でエラー表示が出て壊れた。メーカーに問い合わせたら故障ということで交換。また、壊れそうで不安。

全口コミ件数はアイリスが255件、三ツ谷電機が633件です。初期不良の口コミはアイリスが4件、三ツ谷電機が1件です。三ツ谷電機のほうが出荷されてからの初期不良の発生はずっと少ないと思われます。

実際の初期不良の比率にはなりませんが、口コミでの初期不良の比率を求めると

アイリス:4÷255×100=1.57%

三ツ谷電機:1÷633×100=0.16%

10倍ぐらいアイリスオーヤマの方が出荷されてから初期不良が多く出ていることになります。購入した時に初期不良品に当たる可能性は三ツ谷電機のほうが少なそうです。これは三ツ谷電機の努力によるところが多いと思います。

ここからはくどいので、興味ない方は読み飛ばして下さい。

三ツ谷電機の不良が口コミで少なったわけを考えてみた
先に求めた初期不良率は、工場の出荷時のスクリーニング(不良品の流出を防ぐため初期不良になりそうなものを早くダメにしていいものだけを選別する)で選別しきれなかった初期不良品がユーザーさんのところで実際に不良になった率です。日本では製造工程で不良を作らないように努力します。しかし、まだ中国などの特に格安の製品を製造している工場などでは出来上がった製品には不良品がかなり混ざっている可能性が高いのです。そのため不良品をスクリーニング(選別)して出荷しているのが実情です)

三ツ谷御電機の初期不良が少ないのは、中国からはいってきたYGT-4を国内で再度不良品の選別を実施しているからです。それでユーザーさんのところで不良になる率が低くなっているのでしょう。しかしスクリーングで100%不良品を取り除けるわけではないので、件数は少ないけれど実際にお客様のところに不良が出荷されてしまいます。しかし、スクリーニングの効果はアイリスの不良に比べ10分の1ぐらいになっていることからも十分あるとみていいでしょう。以上、なぜ三ツ谷電機の不良口コミが少ないかを自分なりに考えたことでした。必ずしも正しい見方ではないので、こういう見方もあるのかなあというぐらいにしておいてくださいね。

R1ヨーグルト作成の口コミ

IYM-012

  • R1固形ヨーグルトよりR1飲むヨーグルトで作ったほうが1Lの牛乳がきれいにムラなく出来上がった。
  • かなり適当にR1ヨーグルトで作ってみたがちゃんと固まってできた。
  • ネットで検索してR1を自分なりに作っているが子供たちも気に入り経済的に助かっている。
  • 毎日R1ヨーグルト食べている。実際菌がどうなっているかはわからないが家族全員お通じがよくなったので正解。
  • R1ヨーグルトは少し高めの43°Cが設定できるこちらがオススメ。
  • R-1ヨーグルトが作りたくて購入。硬さも高級ヨーグルトの様にできた。

YGT-4

  • 先に牛パックから投入するR1の量だけ牛乳を取り出しておく。別に更に牛乳100CCを取り出して砂糖30g入れてレンジで沸騰寸前までチンする。それを牛乳パックに戻しR1ヨーグルトを半分入れよく混ぜる。40°C8時間で酸味の抑えられた甘みの少ないR1ヨーグルトができた。
  • R1やLG21、ラクトフェリンなど好きなヨーグルトが大量にできて大満足だ。
  • 早速R1ヨーグルト作成。めっちゃ簡単。洗い物はスプーンだけで楽。
  • 牛乳パックのまま作っている。R-1やLG21は少し酸っぱいのでガゼリ菌のヨーグルトが好きだ。
  • R1のドリンクで作ってみたがちゃんと固まった。
  • 牛乳パックからR1ドリンク分112ml抜き取り、直接ドリンクを注入。紙パック専用ホルダーをして思いっきりシェイク。40°C8時間で硬めのR1ヨーグルトが完成していた。

ヨーグルトメーカーを購入する目的ではR1ヨーグルトをつりたいからというのが目立ちました。R1はいろいろTVや雑誌でとりあげられ人気なようです。しかしお値段もそれなりで1個130円程度はします。これを子供たちに毎日となると、仮にこども2人なら月に8000円ほどかかってしまいます。これがヨーグルトメーカーなら牛乳1LとR1で約10倍近いヨーグルトができてしまいます。お財布にも優しいし、子供だけでなく大人も思う存分食べられます。そのようなわけでヨーグルトメーカーは今飛ぶように売れています。アイリスでも三ツ谷電機もどちらも美味しいヨーグルトが作れます。

甘酒作成の口コミ

IYM-012

  • 米麹と水で濃縮甘酒を作ってみたら、すごい甘さの濃いい甘酒が簡単にできて感動。
  • いままで炊飯器で甘酒を作っていたが、格段に美味しく作れた。
  • 専用の甘酒メーカーは値段が高いので、容器が細すぎるという使い勝手を考えてもこちらがベスト。
  • 甘酒作りに挑戦。はじめはレシピ通りで作ったらお粥上になり食べる甘酒になってしまった。自分で調整しながらやったら市販品と同程度の甘酒ができた。

YGT-4

  • 甘酒は砂糖不使用なのにとても甘く手美味しくできた。
  • 早速甘酒を作成。美味しかった。米麹と水だけでできるレシピも知りたかった。ネットでこれから調べる。
  • 乾燥米麹が売り切れ。やっとゲットしてレシピ通りに作った。本当に美味しい。
  • 甘酒を作るために購入。思っていた以上に甘くて美味しくできた。
  • 真っ先に甘酒を作った。レシピの半分の量で作ったら、みごとなあのほんものの甘酒ができた。感動した。

ヨーグルトと並んで人気なのが甘酒です。炊飯器などで作っていた方もヨーグルトメーカーで美味しくでき喜んでいました。アイリスでも三ツ谷電機もどちらも美味しい甘酒ができますね。

まとめ

アイリスオーヤマのIYM-012と三ツ谷電機のYGM-4の口コミを比較してきましたが、ヨーグルトや甘酒などを作るうえでは両者に違いはなく、どこらも美味しいヨーグルト、甘酒が簡単に作れています。

両者に違いがあるのは初期不良の比率でした。三ツ谷電機は中国から入荷した製品を再度国内でも検査して出荷するため初期不良が少なくなりました。アイリスオーヤマは国内の検査をどうしているのか好評していない様なのでわかりませんが、いずれにせよ初期不良が三ツ谷電機に比べて目立ちました。

しかし、国内検査は良いことばかりではなく手間がかかる分コストアップに繋がります。販売価格はアイリスオーヤマが安く三ツ谷電機が高いのも頷ける気がします。

おすすめとしては、三ツ谷電機のほうは初期不良に当たる率が低いので、あとで交換したりする手間が面倒な方は三ツ谷電機のYGT-4を、初期不良に当たったら交換してくれればいいと思っている方はアイリスオーヤマのIYM-012がお安くて良いと思います。

以上、ここまでお読みいただきありがとうございました。この記事がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする